ニュース
浪江の公道で「自動運転」実証実験 会津ラボと福島トヨペット

技術開発を目指す企業を支援する県の地域復興実用化開発等促進事業の採択を受け、会津ラボが実証実験を行い、福島トヨペットが自動運転車両の点検などを担当する。 会津ラボによると、自動運転には、が走行する道路の幅などの詳細なデータの収集とともに、正確な情報を常に受け取れる技術が欠かせないという。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転、国際ルールづくり難航 新産業に冷水

自動運転を巡る国際的なルールづくりが難航している。道路交通に関するジュネーブ条約は運転者の関与を前提とし、批准国の法律では任せの運転が認められない。自動運転車両の安全基準も整っていない。レーダーや半導体、人工知能(AI)など技術は進むのに法制度だけが置き去りになっている。各国が協調しなけれ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
スイスの自動車メーカーが手がけた未来のクルマ

別のホールでは、新型モデルに搭載される様々な部品の見本市も開かれている。駐車時に便利なフロントガラス用のバックモニター、LEDライト、自動運転機能などの製品が並ぶ。新しい技術を搭載したが出れば、それをメンテナンスする国内の整備工場も最新の設備にアップデートしなければならない。このため会場では多く …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
車載電装システムの世界市場、ADAS・自動運転システムが拡大へ

自動運転システムはセンシングデバイスを用いて周辺環境の検知・認識を行い、自動制御を可能とする技術で、ADASの延長線上に位置するとしている。 ADASは17年より部分的な自動化を可能とするシステムを搭載する車両が続々と登場しており、オプションによる採用ながら拡大傾向にあるという。 自動運転システムは17年 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です