ニュース
自動運転車 公道で実験…淡路

公道での実証実験は全国各地で行われ、県内では神戸市に次ぐ。今回は市や県、夢舞台に誘致した企業などでつくる委員会が、技術開発を手がける企業や大阪大と連携して実施した。 収集データと、乗車した市民へのアンケート結果を分析し、自動運転車の普及をにらんだまちづくりに反映させる。人口減少や高齢化が進み、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
モータージャーナリストが「CES2018」をレポート!クルマの未来を切り拓く4つのキーワードとは?

世界最大級のコンシュマー・エレクトロニクス・ショー(=CES)の主役はもちろん家電なのだが、ここ数年は、自動運転車やコネクテッド・カーが跋扈し、モーターショーと見 … 自動運転車を制御するソフトを開示して、開発環境を提供するアポロ計画の最新版「2.0」を発表。 … AIと脱着可能なバッテリパックの搭載が注目の技術だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
東芝 200メートル先を検知 自動運転用半導体開発

東芝は自動運転車に搭載する次世代センサー「LiDAR(ライダー)」向けに、200メートル先を正確に検知できる技術を開発した。センサーに組み込む半導体を開発し、従来は100メートルだった検知可能距離を2倍にしたという。開発した回路は低コスト生産ができ、普及が見込まれるライダーでの採用拡大をめざす。 ライダーは …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産「セレナ e-POWER」が背負った重大使命

星野専務が見せた自信の背景には、セレナとe-POWERの確固たる実績がある。セレナは2016年8月に自動運転技術「プロパイロット」を引っ提げて刷新して以降、販売は好調に推移する。今年1月の国内登録販売台数では4位。ミニバン部門ではトヨタ自動車の「ヴォクシー」を抑えてトップにランクインし、日産の看板車種だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
持続可能な社会には何が必要ですか

だからこそ、自動車産業に携わる私たちは「人と技術と未来」について、いつも真剣に向き合っていなければなりません。 … 幸いにも、内燃機関のような過酷な状況でも耐えられるセラミックの技術があります。エンジンの燃焼 … だがそれは今、夢ではなくなりつつあり、自動運転車のように夢の先へ進んでいるものもあります。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2035年のコネクテッドカー、台数1億1010万台を予測

電気自動車(EV)/プラグインハイブリッド(PHV)型を除く通信モジュールを標準搭載した「エンベデッド型」とミラーリンク対応DAを除くモバイル端末の通信機能を … 今後は、死角解消の役割だけでなく、自動運転関連技術として周囲の状況把握を詳細に行うなどの役割が期待されており、2035年には425億円を予測する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自家用の未来は?一覧へ

自家用によって得られる利便性と事故のリスク。簡単に免許を返納してはどうですかとは言えません。運転者のアシスト機能や自動運転技術が進めば、交通事故そのものがさらに減るばかりでなく、公共交通機関のない地域での移動手段として期待できると思います。そんな夢のような時代はもうすぐそこまで来ている気が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米ウォルマート ブロックチェーン使った物流システムの特許出願

ウォルマートが出願した特許「スマートパッケージ」はブロックチェーン技術を利用し、荷物の中身、環境条件、場所などの詳細情報を追跡するシステムだ。出願書類に記載されている機器は、自動運転車やドローンなどの新技術で用いられることが想定されている。 出願書類によると、ブロックチェーンには「販売者の秘密鍵 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です