ニュース
Waymoの360度ビデオを見ると自動運転車の仕組みがよく分かる、VR体験もあり

360度で撮られているこのビデオは、Waymoのがライダーやレーダー、カメラ、コンピュータービジョンなどを駆使して、自分のまわりの世界を見るだけでなく、近くの物の動きを予測することを見せてくれる。実際に、Waymoの自動運転車に装備された技術は、300ヤード(274メートル)先の物を見分けることができる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
グーグル、自動運転の体験動画 不安心理乗り越える?

【バルセロナ=中西豊紀】米グーグル系の自動運転システム開発会社ウェイモは28日、あたかも自動運転車に乗っているかのような雰囲気を味わえる動画を公表した。自動運転は急速に開発が進む一方、技術の信頼性に不安を抱く人も多いとされる。各社が商用化を競うなか「社会の受け入れ」が自動運転各社の新たな課題に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
幅感覚は正確 群馬大の公道実験に乗ってみた

大学や自動車メーカー、IT企業による研究開発競争が激化している自動運転技術。群馬大は2016年に群馬県桐生市内で自動運転車の公道実証実験を開始し、「次世代モビリティ社会実装研究センター」を拠点に、路線バスや機械式駐車場の駐車での導入などに取り組む。目指すのは、地域限定の完全自動運転商用化。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
幅感覚は正確 群馬大公道実験

大学や自動車メーカー、IT企業による研究開発競争が激化している自動運転技術。群馬大は2016年に桐生市内で自動運転自動車の公道実証実験を開始し、「次世代モビリティ社会実装研究センター」を拠点に、路線バスや機械式駐車場の駐車での導入などに取り組む。目指すのは、地域限定の完全自動運転商用化。研究は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
金沢大とトヨタ紡織が包括連携 の内装、快適性や安全研究

堀副社長は自動運転や電動化など「CASE」といわれる技術革新について言及し、「自動車業界は100年に1度の大変革の時代にさらされている」と強調した。今後上質な移動空間を提供するために金沢大の幅広い知見を活用し、「工学だけでなく心理学的な空間認識も取り入れた研究活動で新製品開発と社内のイノベーション …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ポルシェ、自動車の管理や制御にブロックチェーン技術を活用–実車で試験開始

自動車の管理や制御にブロックチェーン技術を活用(出典:Porsche). 現在の試験では、アプリを使って自動車のドアをロックしたり解錠したりできる。一時的にを他者へ使わせるようなアクセス認証機能も備える。暗号化されたログデータへのアクセス機能を使えば、新たなビジネスモデルも考えられる。さらに、自動運転機能の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転企業に出資

トヨタ自動車グループの愛知製鋼は27日、自動運転技術を手掛けるベンチャー企業の「先進モビリティ」(東京)の第三者割当増資を引き受け、3億円を出資すると発表した。出資比率は非公表だが2割弱とみられる。 両社はこれまで磁気センサーを活用しての走行位置を把握する技術を共同で研究していた。資本提携で関係 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
電気自動車の未来にワクワク感はある? デーブ・スペクターが100%EVの新型「日産リーフ」に出会った

… ガソリンやディーゼルの販売を禁止する国が現れるなど、“クルマ、脱石油”の流れは確実。そこで次世代の主流を担おうとしているのが電気自動車(EV)です。 そして、新たな動力源とともに注目を集める「自動運転技術」も日々進化しています。将来の「完全自動運転」実現に向けた、運転支援技術からも目が離せません。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コネクテッドカー(乗用車)、2035年に1億台超

富士経済は、自動運転技術との融合が進むコネクテッドカーやサイバーセキュリティに対する取り組み、AI(人工知能)と自動車の関連性、テレマティクスサービスなど、35品目の市場について調査し、将来の市場を予測した。 調査による … 今後はエンベデッド型が大衆クラスにも普及し、市場が急速に拡大するとみられている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
株式投信50日連続の資金流入 株安で、次世代技術にも関心

純流入額は3兆8000億円に達し、11年4~7月の53日間で集めた2兆2300億円を大きく上回った。日経平均株価が1月の高値から一時10%超下げ、その後も戻りが鈍いことから、個人投資家が好機とみて国内株型の投信などを買っているようだ。 人工知能(AI)や自動運転車、ロボットなど次世代技術を手掛ける銘柄に投資 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタがアマゾン他と提携自動運転車の宅配・宿泊サービスを本格始動!

トヨタ自動車は今年1月、米ラスベガスで開催された国際家電見本市「CES(コンシュマー・エレクトロニクス・ショー)で、移動・物流・物販・宿泊など多目的に使える自動運転の電気自動車(自動運転EV)「イー・パレット・コンセプト」を初公開。ネット通販大手Amazonや、ライドシェア大手のUber(ウーバー)などと提携して、自動 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、自動運転AIで新会社 都内に1000人規模

トヨタ自動車は2日、デンソー、アイシン精機と共同で人工知能(AI)など自動運転技術を開発する新会社を設立すると発表した。技術者を中心に1000人規模で今後数年で3000億円以上を投資する。トヨタは2020年から自動運転車の本格投入を始める計画。国内外の技術者を大量採用してAIの応用技術やソフトウエアなどの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産とDeNAの「イージーライド」に試乗、クルマ×ITは次世代へ

翌年にはフランスのITベンチャー「イージーマイル」(Easymile)と提携し、同社の無人運転小型バス「EZ10」に「ロボットシャトル」という名を与え、国内各地で実証実験を始める。続いて物流大手のヤマト運輸とも手を結び、「ロボネコヤマト」というネーミングで、自動運転社会を見据えた次世代物流サービスの実現を目指すと発表 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です