ニュース
[FT]米カリフォルニア州、完全自動運転車の走行解禁へ

米カリフォルニア州は、運転席に人が座らない完全自動運転車の走行を解禁する新たな規則を承認した。シリコンバレーのロビイストにとって念願の勝利だ。 同州の車両管理局(DMV)が自動車メーカーとIT(情報技術)企業に対し、「自然人」が乗らない自動運転の走行試験に青信号を出した。 これまでは緊急事態に備え、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
無給油1000km走行し、今できる自動運転まで全部入ったセレナe-Powerの衝撃

そのノートの大躍進を実現したのが「e-Power」というパワートレインです。 この「e-Power」は、電気自動車リーフで培ってきた電気自動車の技術に電気をガソリン発電供給するという、いわばいいとこどりの現状の電気自動車の最適解です。つまり、ガソリンは使いますが、を動かしている駆動はモーターそのものなので、制御も …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転技術ってどこまで来ている? AIの「認識」「判断」能力向上がカギ

自動運転の実現に向けては、パソコンの頭脳であるCPUを開発する米インテル社と日産自動車が提携したり、米グーグル系の自動運転開発会社ウェイモが、 … 本欄では、今後の自動運転に関するニュースを楽しみに見るためにも、その技術がどこまできているのか、何が課題なのかについて、ざっくり解説したいと思います。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
購入前に押さえておきたい豆知識 SUV選びチェックするべき4つのポイント

装着の有無に加えて実走行での使い勝手も比較したい もはや必須装備となった安全&運転支援装備。その中核となる衝突回避システムのチェックポイントは、回避対象に歩行者や自転車を含むか。都市部の走行が多いユーザーにとって特に重要だ。予防安全機能は自動運転技術を応用した運転支援と車両周辺状況の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車が電車になる日

年が明けて間もなく、ラスベガスで世界最大級の最新技術の見本市CESが開催された。過去10年間CESの主役であった … これまで「トヨタのに乗る」と考えられていた。今後、ライドシェア、自動運転などが進み、「e―Palette」のような世界観が広がっていくことで、電車と同じように「(自動車サービス)に乗る」となるはずだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ベンチャー出資 自動運転開発強化

… 割当増資を引き受け、資本提携すると発表した。自動運転技術の開発を強化する。出資比率は5%で金額は非公表。アイシンがベンチャー企業に出資するのは初めてという。 イデインは2015年4月設立で、AIを使った画像認識技術に強みを持つ。の周りの障害物を検知し自動走行で駐車するシステムへの活用を目指す。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルネサス、レベル3、4の自動運転システムの実用化に向けスマートカメラ用SoC「R-Car V3H」を発表

例えば、自動運転を実現するには3次元の空間の中において自と不特定多数の障害物の位置関係を把握しつつ、さらに障害物が何であるかを認識しなければなりません。この実現には、AIを取り入れたコンピュータビジョン処理が期待されており、今回のR-Car V3Hは業界最高レベルの低消費電力技術により、わずか0.3W( …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車が電車になる日

モーターショーのように自動車の最新モデルが展示されているのではなく、インターネットにつながった「コネクテッドカー」、人工知能(AI)により実現しつつある自動運転車など、世界中の自動車メーカーがそれぞれの「未来のクルマ」像を提示している。 今年、ひときわ面白い発表をしたのが日本メーカーの雄、トヨタ自動車だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
誰もがCMを制作できる自動車販売サイト

Campaignの視点: 制作されたCMは単に「かろうじて鑑賞に堪える」といったレベルでなく、見ていて楽しい作品に仕上がっており、感銘を受けた。クリエイティブ領域で人工知能の技術をどのように活用できるかを、証明した取り組みといえるだろう。 (文:マシュー・ミラー 翻訳・編集:田崎亮子). 提供: Campaign Asia-Pacific.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コネクテッドカー(乗用車)、2035年に1億台超

予測によると2035年には、世界で販売される新車のうち、96.3%がコネクテッドカーになる見通しだ. 富士経済は、自動運転技術との融合が進むコネクテッドカーやサイバーセキュリティに対する取り組み、AI(人工知能)と自動車の関連性、テレマティクスサービスなど、35品目の市場について調査し、将来の市場を予測した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
フォード、自動運転車によるピザ宅配実験–マイアミで

Fordは、宅配に関する新たな提携の下、フロリダ州マイアミの路上での自動運転車の実験をまもなく開始する。 Reutersが報じているように、Fordは、GoogleからスピンアウトしたWaymoやGeneral Motorsといった競合企業のように独自の自動運転車を開発するのではなく、提携を推進することによってこの新しい分野に参入 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です