2018年2月27日
ニュース
自動運転車でみなとみらい巡り、配車サービスは「地域との協力が不可欠」

@IT MONOist

日産自動車とディー・エヌ・エー(DeNA)は2018年2月23日、横浜市内で会見を開き、自動運転車による配車サービス「Easy Ride(イージーライド)」の実証実験の … サービスが本格稼働する時には、乗降地点や充電スポットを提携店舗に提供してもらったり、運賃の一部を負担していただいて提携店舗に乗客を誘導したり …

自動運転車がみなとみらいを走る – 日産とDeNA、実証実験を開始 – マイナビニュース

すべての記事

関係のないコンテンツを報告
日産 グプタ専務「中期目標達成を確信」…2022年度に商用事業を4割増の120万台に

レスポンス

グプタ専務はこれらの実現に向け、新モデル投入など商品力の強化を図るほか、電動化や自動運転技術といった先進技術、さらに仏ルノーおよび三菱自動車工業との提携効果を「われわれの強み」として積極活用する方針を示した。新モデルについては今春に、中期計画での第1弾モデルとして走破性の高いフレームSUVの …

関係のないコンテンツを報告
アルグス・サイバー・セキュリティーがエリクソンと

SankeiBiz

提携では140年以上にわたって築かれ、接続インフラで数十億人をつないだエリクソンの通信に関する専門知識と、サイバー・セキュリティーと自動車におけるアルグスの数十年の経験や、取得済みならびに申請中の革新的特許39件を活用します。アルグスはすでに、世界のコネクテッドおよび自動運転車両の主要自動車 …

関係のないコンテンツを報告
配車アプリの開発激化 ライドシェアを意識

毎日新聞

世界的に拡大する「ライドシェア(自家用の相乗り)」を意識し、人工知能(AI)を使い効率的な配車と利用者の利便性向上を目指す方針だ。【井出晋平】 … 日本交通グループも今月8日、トヨタと資本提携すると発表。 … 日産自動車は今月、ディー・エヌ・エーと共同で配車アプリを使った自動運転タクシーの実証実験を始めた。

関係のないコンテンツを報告
1個のGPUで30兆、NVIDIAが放つ自動運転時代のAI戦略

BIGLOBEニュース

一方、フォルクスワーゲンの視点から見れば、圧倒的な数の提携先を持つNVIDIAに、自動運転を始めとするノウハウが集まるのは間違いない。さらに、うがった … 会場では、実際に公道で8マイルの距離を自動運転車で走行した動画を披露したが、交差点23個、右左折8回、停止信号2回を走り抜いていた。たった1個のGPUで …

関係のないコンテンツを報告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です