ニュース
日産とDeNAが自動運転レベル4で実証実験 横浜みなとみらい地区で

場所は横浜市のみなとみらい地区周辺で全長約4.5キロメートルのルートと4つの乗降地に限るが、モニターはアプリでを呼び出し、目的地まで移動するサービスを体験してもらう。 走行中、車内のタッチパネルには目的地周辺のお店で実際に使えるクーポンなども表示される。紹介する提携店舗には「運賃の一部を負担して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ダイムラーとHEREが提携 将来のメルセデス・ベンツモデルに高画質ライブマップ機能を搭載へ

ダイムラーとHEREテクノロジーが提携し、ダイムラーの自動運転技術の一環としてHERE HDマップの開発を進めることを発表した。近い将来、登場が期待されている自動運転機能付きメルセデス・ベンツへの礎となるとして期待がかかっている。すでに現行のEクラスとSクラスと新型AクラスでHEREの地図を採用している …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【電子版】自動運転車向けデジタル地図、グーグルの独走阻止へ競争激化

これまで3社と提携しているが、他のメーカーはダッシュボードをグーグルに明け渡すことに消極的だ。 グーグルの広報担当者は「世界の包括的マップを製作している。自動車向けにわれわれのマップの有用性拡大に取り組んでいる」と述べたが、今後の計画についてはコメントを控えた。 アルファベット傘下で自動運転車開発を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
日産とDeNAが自動運転車でタッグ 来月に配車サービス「イージーライド」の実証実験

両社が2020年代の早期の実現を目指す本格サービスは、スマートフォンのアプリで乗りたい場所に車両を呼び、降りたい場所で降りられる利便性が特徴だ。 新サービス「イージーライド」の実験は3月5~18日に、横浜市のみなとみらい地区で行う。自動運転技術を拡充した日産の電気自動車「リーフ」2台を使い、配車予約の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米カリフォルニア州で自動運転車の新規制が導入か 承認の見通し

カリフォルニアに現在27の実証試験用のレクサスを保持しているAppleも新規制が承認された場合、恩恵を受けることになりそうですが、同社の自動運転事業に対する姿勢は未だはっきりしていないようです。昨年12月に関係者限定で「VoxelNet」と呼ばれるソフトウェアを用いた周辺環境マッピング技術を披露するなど、自動 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
3月に公道で自動運転タクシー実験

都市部だけでなく、公共交通機関に乏しい過疎地での活用も目指している。実験で適切な料金水準や提供してほしい情報などを聞き取り、サービス向上につなげる。運転の精度を高め、をネットとつなぎさまざまなサービスを提供する「コネクテッド」技術も革新し、車内での体験を充実させることで個性を出したい考えだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
吉利、EV技術協業狙う ダイムラーの筆頭株主に

一方、世界の自動車産業の趨勢は、EVや自動運転など最新技術分野に移っている。欧州や中国はガソリンの販売規制を強化するほか、自動運転分野では米グーグルやウーバーテクノロジーズなど新興勢力の参入も目立つ。10%弱の出資ではダイムラーの経営判断を動かす強制力はないが、出資を皮切りに交渉を進め、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ダイムラーとHEREが提携 将来のメルセデス・ベンツモデルに高画質ライブマップ機能を搭載へ

ダイムラーとHEREテクノロジーが提携し、ダイムラーの自動運転技術の一環としてHERE HDマップの開発を進めることを発表した。近い将来、登場が期待されている自動運転機能付きメルセデス・ベンツへの礎となるとして期待がかかっている。すでに現行のEクラスとSクラスと新型AクラスでHEREの地図を採用している …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
高齢者運転の事故防ごう 医師や企業、対策を提言 /沖縄

… していない場合も多く、運転免許の自主返納には家族らの協力が必要だ。返納後もの鍵の管理を徹底してほしい」と呼び掛けた。 りゅうにちホールディングス取締役の仲井間勝也氏は、自動車やバスの自動運転技術について紹介し、「自動運転技術が実現すれば、高齢社会でも安心安全に移動できる手段となる」と語った。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
走り出した「AIタクシー」…どこにお客さんがいるか近未来を予測

「AIタクシー」と聞くと、人工知能を持った自動運転で人々を運んでくれる、そんなイメージを持つかもしれない。現実にはまだそこまでのサービスは登場していない。いま実際に動き出しているのは、AIを用いて“少し未来の乗車需要”を予測し、効率的な運行を実現する、という方向性のもの。先日も、ソニーがタクシー6社と提携 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AIを”総合的判断”に使うと必ず失敗する

AIの実力を理解してもらうには、現在急ピッチで開発が進む「自動運転技術」を例にとるとわかりやすいだろう。無人でを … 次に、これらの情報を基に、運転動作に関するアルゴリズムが4つ必要になる。1.早く目的地 … 実際に決めた動作をが行うには、ハンドルやアクセルなどの動作をつかさどるアルゴリズムも必要になる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
テスラの「Autopilot」とGM「SuperCruise」のどちらの半自動運転システムが優れているのかを徹底比較

完全な自動運転技術の確立にはまだまだ時間がかかりますが、テスラの「Autopilot」のような「半」自動運転システムは、確実にドライバーの負担を減らす効果が … 他社に先駆けて公道での半自動運転システムをいち早く導入してきたテスラのAutopilotと、巨大な自動車メーカーであるGMが高級キャデラックに満を持して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
マツダ「伝説の開発者」3名の生トークが聞ける無料イベントは何があっても行きたいレベル!【クルマ塾】

コネクテッド技術やシェアリングエコノミー、自動運転やEV化など自動車業界に幾重にも変革の波が押し寄せてきています。 新しいテクノロジーを知り活かさなければ時代からこぼれ落ちてしまいそうに感じる昨今。ともすれば、これまでのクルマ作りが古い価値観として隅に追いやられてしまうがごとき変化のスピードの速さに、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
日産とDeNAが自動運転レベル4で実証実験 横浜みなとみらい地区で

日産自動車<7201.T>とディー・エヌ・エー(DeNA)<2432.T>が3月にドライバー不要の自動運転車による移動サービス「Easy Ride(イージーライド)」の実証実験を … DeNAの守安功社長は高齢化に伴う移動困難者の増加や運輸業界が抱える人手不足などさまざまな社会課題を「インターネットやAI(人工知能)の力を活用して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です