ニュース
誰も見たくないグーグル連勝-無人走行用地図作製の大競争時代

アルファベット傘下で自動運転車開発を進めるウェイモや配車アプリの米 ウーバー・テクノロジーズ、それにゼネラル・モーターズ( GM)や フォード・モーターといった米自動車メーカー大手が無人運転で使える精密なマップ作製に向け取り組んでいるほか、ハードウエアや専門ソフトを手掛ける幾つもの新興企業がこの分野で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産とDeNA、「Easy Ride」テスト開始 自動運転車が横浜走る

日産自動車とディー・エヌ・エー(DeNA)は2月23日、自動運転車にモニターを乗せて一般道を走行する実証実験を横浜市内で行うと発表した。共同開発中の無人運転車両を … ビジネスモデルは、乗客から運賃を得る方法と、提携店舗から費用を得る方法の2パターンを検討している」(広報部)という。 両社は実験終了後、運行 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
日産・DeNA 自動運転の先、サービス磨く実証実験

日産自動車とディー・エヌ・エー(DeNA)が3月5日から約2週間、自動運転車を使った交通サービス「イージーライド」の実証実験を横浜市内で行う。 … 海外では米グーグル系の自動運転技術開発会社ウェイモが欧米フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)から調達した車両を使い、アリゾナ州で無人ライドシェア …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
福山市で自動運転車の公道実験 3月1、2日に広島県自治体で初

福山市は3月1、2日、自動運転技術が普及する社会の到来を見据え、自動走行の実証実験を日吉台公民館(日吉台)周辺など二つのルートで行う。 … 政府は2025年までに人が一切関わらない完全自動運転車の実用化を目指しており、全国では自治体が大学や企業と連携して走行実験を行う動きが広がっている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
テスラの自動運転は本当に“使える”のか?

渋滞の中、オートパイロットで運転中に、ふと、みんな自動運転車ならどうなるんだろう? と考えた。まず、人間の運転の場合、前のブレーキランプの光を見て、こちらも減速しなきゃとブレーキを踏む。ここには当然タイムラグがあり、前が急ブレーキだったり、反応が遅れたりすると車間が詰まったり、最悪追突することになる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
人工の実験都市・深センをひっそり走る「自動運転バス」

派手なプレスリリースで注目される深センの自動運転バス。世界一流の技術が投入されているものの、実用化の具体的な目処が立つような状態ではない。プレスリリース先行のように … むしろ「自動運転クルマが人間の運転するクルマに混じって道路を走るようになるのは、まだまだ先の話だ」と思っていた。 そこで、中国語が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ紡織社長、沼副社長が昇格

トヨタ紡織は現在、自動運転技術やコネクテッドカー(つながる)などの普及を見据え、二〇二〇年度までの新経営計画を策定中。沼氏の起用で生産現場の足元を固めつつ、次世代の内装技術の開発を加速させる。 一五年六月に社長に就任した石井氏は、不振の欧州事業の整理など収益構造の強化を進めてきた。新経営 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車HMIが革新、表示系デバイスへの要求に変化

車載ディスプレーとタッチパネルについて、この1年の技術動向、技術トピックスをご紹介ください。 近未来の自動車は、自動運転の進化によって、より安全・快適な移動を提供できるようになります。車内デザインも変化し、車内の居住空間も大きく広がっていきます。自動車は「第三の生活空間」になります。その結果、自動車に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
一時は消えかけた4WSが今高性能を中心に続々採用されている理由とは

また最終的にステアリングホイールやペダルがなくなった場合には、前輪と後輪は同じような角度にステアすることで、より取り回しが楽になると考えられています。完全自動運転の大きなハードルのひとつは、難度の高い場所への駐車で、それを上手くこなすためにも必要な機能のひとつであると予想されているのです。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
デジタル広告の有望市場は自動車の中にある

自動車を運転するドライバーの運転行動は、ネットでの検索活動よりも金銭的な価値がある」とデータマネジメントについて自動車メーカーと協同するコンサルタントのロジャー・ランクトット氏が話す通り、運転中の自動車の情報をAIが整理して、適切なタイミングで適切な広告を出すことは技術的に可能になりつつあります。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
デンソー、米ベンチャーのデルファーに出資 車載の電子防護技術開発へ

自動車部品大手デンソーは22日、サイバーセキュリティーを手掛ける米国のベンチャー企業「デルファー」に出資したと発表した。自動運転や、通信機能を持ち幅広いサービスを提供する「コネクテッドカー(つながる)」のシステムをサイバー攻撃から守る技術を共同開発する。出資の金額や比率は非公表。 デルファーは2016年 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【ATのエンストを甘く見るな(下)】整備士に分からない故障「制御プログラム」

メーカーは、整備体制をディーラーに任せ、面倒なトラブルを回避したいのはよくわかるが、不良で事故を起こすことを防ぐため、真摯に現実の欠陥対策を行うべきだ。AI自動運転が普及してくる中、現状のディーラーの技術レベルについてもメーカーは責任を負わなければならないだろう。ユーザー側としては大変重大な問題 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
日産 西川社長「より多くの人に新モビリティを」…DeNAと自動運転車の実証実験開始

一方、DeNAの守安功社長は「高齢化に伴う移動困難者の増大や交通に関わる人手不足などさまざまな社会課題をインターネットとAI(人工知能)で解決していきたい。先端技術に取り組んでいる日産自動車との協力でより良いサービスが提供できる。本格サービス時には完全自動運転時代の中核を担えるよう育てていきたい」 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です