ニュース
自動運転車 長谷で実証実験スタート

国土交通省は10日、伊那市長谷の道の駅「南アルプスむら長谷」を拠点にした公道で自動運転車の実証実験を始めた。開始式と、ドライバーが運転席から監視するのみの「レベル2」走行による約600メートルの試乗も行い、来賓やマスコミ関係者ら約80人が新技術を体感。手動に切り替える場面も1度あったが、同省の担当 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
18カ月間で約100億円の出資を集めたアイデア 荷物を無人で宅配

彼らが開発したのは、自動運転技術を搭載した。使用用途は、何かを宅配するときに使われるようです。 具体的な例は、提携しているスーパーがオンラインで注文のあった商品を、このに入れて、たくさんの家の前まで配達をするといったイメージ。 … 「Nuro」がのサイズを普通乗用車よりも小さくデザインしています。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Uber、Google系列Waymoとの特許訴訟で和解 2億4500万ドル支払い

Waymoは、元Googleの自動運転車プロジェクトのメンバーで、Ottoの創業者のアントニー・レヴァンドウスキCEOがGoogleを退社する際、自動運転向け … はっきりさせておきたいのだが、WaymoからUberに企業秘密が流入したとも、UberがWaymoの自動運転技術の専有情報を利用したともわれわれは考えていないが、今後 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【舘内 端 連載コラム】第39回 近代日本史:内燃機関自動車が崩壊する

それでも自社を拡大するとすれば、他社のマーケットを奪うしかない。これは拡大こそが使命である資本主義的自動車産業の末路といってよい。そして内燃機関自動車としての技術「進化」を終えた現在、残されたマーケット刺激型技術は、つまり市場のフロンティアはEVしかないのである。そこに自動運転も、カーシェアも、ライド・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
秋吉 健のArcaic Singularity:電気自動車は自動運転の夢を見るか。変革期へ突入した自動車の現在と …

そもそも、自動運転車とEVは自動車業界の長年の夢でもありました。有限資源である石油を効率的に利用するにはどうすればよいのか。人による自動車事故を減らし渋滞を緩和する技術はないのか。自動車業界はエンジンの改良やハイブリッド化、オートクルーズ機能や自動ブレーキシステムの開発など、様々なアプローチで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ジャガー・ランドローバー、英国最大の自動車メーカーであり続けると宣言

しかしながら、自動車業界は多くの課題に直面しており、お客様の動向に確実に影響を与えています。特に英国において、その傾向は顕著です。 今後もジャガー・ランドローバーは、将来の自動運転やコネクテッド技術、そして電動化への投資を続け、より時代やニーズに合致したものを開発し提供していく必要があります」と語る。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
P2P型自動車保険のシンガポールVouch Insurtech、75万5000米ドルを調達——グリーベンチャーズ …

P2P型自動車保険のシンガポールVouch Insurtech、75万5,000米ドルを調達——グリーベンチャーズ、Nogle Capital、匿名エンジェル複数から … その投資戦略は革新的技術(クラウドコンピューティング、人工知能、ブロックチェーン、サイバーセキュリティ、データアナリティクスなど)を有した発展段階にある企業を主な対象 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です