ニュース
市場を結ぶ自動運転

仮想空間にあらゆる想定条件を与えることで、自動運転車がどのような挙動をとるか、実車を走らせることなく検証することができる。つまりこれを繰り返すことで、自動運転に必要なソフトウエアの完成度を上げていくのである。 一見、地味に見えるこのシミュレーターはグラフィックス、科学技術計算、そしてエッジコンピューテ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
準天頂衛星「みちびき」使い雪道を自動走行

三菱電機は7日、準天頂衛星「みちびき」からの信号を利用し、雪道の高速道路で自動走行する技術を初めて実証した。雪の影響で車載カメラが道路の白線を認識できなくても、衛星が側に送る高精度な測位情報と3次元(3D)地図の情報で自動走行できることを確認した。悪天候下で安全な自動走行を実現する技術として …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【岩貞るみこの人道医】スマホ時代に取り残された「運転席」、歩み寄りはスマホ側から

で、話をもどすと、要は、首都高が出したツイッターの情報を、運転中にスマホで見ることがここでいうセカンダリアクティビティに当たるわけだが、現在の道交法では、この行為は禁止されている。でも、自動運転技術車両に装備することによって、スマホを見ても安全が担保できるようにすれば、せっかくの首都高提供ツイッター …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
あの「BlackBerry」はいま? 来るコネクテッドカーの時代に向けセキュリティーソフト企業へ変身していた …

巷は自動運転車やコネクテッドカーの話題で持ちきり。一方でインターネットにつながっているがゆえセキュリティーリスクが懸念されています。仮に自動車がハッキングされて暴走すれば命に関わる惨事となりかねません。自動車メーカーは自動運転車やコネクテッドカーがハッキングされることを防止するためのセキュリティー …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
学生が考えた「ピックアップトラック」のデザインは、都市とフォードの未来を変えるか

自動運転技術を含む自動車の進化に合わせて、フォードが「未来のピックアップトラック」のあり方を模索している。 … 未来都市では大型が歓迎されない状況を想定したもので、小型で伸張式のロボットアームを搭載している。 … 自動運転技術により、人々はクルマをもたず、必要なときだけ呼び出すようになるかもしれない。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
手作業で工場カイゼン トヨタ副社長「競争力の源泉」

トヨタ自動車が手作業による技能の育成に力を入れている。電動化や自動運転、IT(情報技術)によって業界は100年に一度の変化を迎えた。投資が膨らむなか、品質とコスト低減の両立が競争力のカギを握る。50年以上、生産現場にかかわる河合満副社長は「品質や安全、ロボットの技能の源泉は人の手作業や感性に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
エヌビディア、データセンター部門の伸びに注目 【米決算プレビュー】

ゲーム向けのグラフィック処理などに使ってきたGPUはAIの技術を取り込みやすい特長があり、ディープラーニングに適しているとみたトヨタやテスラなどが相次ぎ採用。エヌビディアのGPUは世界の自動車・部品大手に自動運転車の研究で使われており、レベル5と呼ばれる完全自動運転技術開発に弾みがつく可能性がある …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
産業春秋/変革期迎える自動車産業

ある自動車部品メーカーの社長に、真剣な表情で問われた。「我々のように、これだけの危機感を持っている企業をほかにご存じですか」―。迫り来る構造変化の大きさをあらためて感じた。 自動車産業は今、変革期を迎えている。異業種を巻き込んで電気自動車や自動運転技術の開発競争が激化。一方でシェアリングなど、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー日産連合、自動運転EVタクシー事業を中国配車大手と計画。将来的には業務提携も

ルノー日産連合は、2022年までにEV12車種にくわえて40車種の自動運転車を用意し、配車サービスへの参画を中長期計画に盛り込んでおり、今回の発表はその一環 … 一方、ライドシェア事業は自動運転との相性が良さそうで、Google(Alphabet)の自動運転技術企業Waymoは2018年より自動運転化したフォードPacifica …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コンチネンタルとNVIDIA、AI開発を介した自動運転システムで提携

一方、NVIDIAの創業者兼CEOであるジェンスン・フアン(Jensen Huang)氏は、「これで、AI自動運転車を開発から大量生産へと移行させるうえで鍵となるすべての … ちなみにコンチネンタルは、人々と商品の持続可能かつコネクテッドなモビリティーの実現を目指し、先駆的な技術とサービスの開発を手掛けるテクノロジ企業。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車事故損害 AIで判定、三井住友海上

三井住友海上火災保険は東大発ベンチャーのアリスマー(東京・江東)と提携し、自動車事故の損害を人工知能(AI)で瞬時に判定するシステムを開発した。2018年夏ごろに実用化し、事故車両の修理見積もりに活用する。業務の効率化を進め、保険金支払いを早める。 AIが事前に学習した約50万件の自動車の事故画像をもと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ルノー・日産・三菱自動車、中国の配車アプリ大手「滴滴出行」とEVカーシェアリングで協業

… ルノー・日産自動車・三菱自動車のような業界リーダーと戦略的な提携を行ない、滴滴出行の強みやリソースを共有することによって、私たちはモビリティに対する多様なニーズに応え、シェアリングに基づくオープンな交通のエコシステムを形成することができるようになります。滴滴出行は今後もライドシェア、人工知能(AI)、新 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
エヌビディア、データセンター部門の伸びに注目 【米決算プレビュー】

製品用途は、PCの画像処理から、ゲーム機、専門可視化装置、データセンター、AI(人工知能)、仮想通貨のデータ処理、自動車等へと拡大。任天堂の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」のメーンプロセッサーにエヌビディア製のモバイルプロセッサ「Tegra」が採用されている。 ゲーム向けのグラフィック処理などに使ってき …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ルノー日産連合、自動運転EVタクシー事業を中国配車大手と計画。将来的には業務提携

ルノー・日産・三菱連合(以下ルノー日産連合)が、中国のライドシェア・配車大手、滴滴出行(ディディチューシン)と将来的な自動運転ライドシェア事業を計画中だと発表しました。ルノー日産連合は、2022年までにEV12車種にくわえて40車種の自動運転車を用意し、配車サービスへの参画を中長期計画に盛り込んでおり、今回 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
市場を結ぶ自動運転

斬新な展示やデモで毎年注目を集める我々のブースだが、今年最も注目を頂いたのが自動運転車の開発に向けたソフトウエア・シミュレーター(AutoSIM)である。 弊社スーパーコンピューター(DGX)の膨大な計算能力で、様々な路面状況や気象状況を含めた道路環境を仮想化する。そのDGXで生成された仮想空間の中に、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
コンチネンタルとNVIDIA、AI開発を介した自動運転システムで提携

この提携では、レベル 2 の自動機能から車両にハンドルやペダルが搭載されていないレベル 5 の完全自動運転機能まで、幅広いAIコンピューターシステムの開発と生産を実現していく。 具体的には双方のエンジニアリングチームが共同で、NVIDIA DRIVEプラットフォームをベースとする自動運転ソリューションの開発を進める。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタがマツダの「燃料喰い」ロータリーエンジンを採用する理由

トヨタ自動車<7203>が次世代ハイブリッド(HV)に、資本提携したマツダ<7261>のロータリーエンジン(以下、ロータリー)を採用することが明らかになった。2018年1月に米ラスベガスで開かれた「CES(国際家電ショー)2018」にトヨタが出展した自動運転車「eパレット コンセプト」の実用で、レンジエクステンダー(発電用 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です