ニュース
ZMP、自動運転車をレンタル 開発用の1人乗りEV

ZMPは、1人乗り電気自動車(EV)を基にした自動運転技術開発プラットフォーム(PF)のレンタルを2018年1月29日に開始した。名称は「RoboCar MV2」。月額100万円(税別)で、車両を所有せずに自動運転技術の開発に参入できる。研究開発費の削減を売りに、自動車メーカーや部品メーカー、通信事業者や地方自治体など …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転で出遅れ?日本が海外と渡り合うには

日本企業が海外勢に「後れを取っている」といわれる自動運転技術開発。最近は規制緩和が進み、 … 具体的には、中央分離帯のある自動車専用道路の同一車線を時速60キロ以下で走る際に、に運転を委ねることができるというものだ。 … このように徐々にではあるが、日本企業の自動運転技術は、進化し続けている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
FCA、無人自動運転サービス用に数千台の「Pacifica」を供給

Waymo社はアトランタやサンフランシスコ、デトロイト近郊など全米25都市でサービス技術を試験してきた。2018年からは、アリゾナ州フェニックスで自動運転車の配車サービスを正式に開始する。FCA社が追加供給する車両は、他の都市へのサービス拡大時に使われる。 Waymo社は2017年11月からPacifica Hybridを使って …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「14th Delhi Auto Expo 2018(第14回 デリーオートエキスポ 2018)」に日立オートモティブシステムズ …

また、「自動運転」のトレンドにおいても、交通事故での死亡者数が世界最多となるインドにおいては、交通事故撲滅に向けた、安全運転支援をはじめとする技術への … 日立オートモティブシステムズグループは、クルマ社会の抱える課題解決の鍵となる「電動化システム」、「自動運転システム」などの先進システムを提供し、次 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
電子/車両/カーエレを進化させるハイブリッド材料技術

… 低電力化技術 · 新規事業の創出・起業に挑む君に東京理科大 · 東急建設が東芝の「H2One™」を導入 · AI×IoTで加速するモノづくり革新 · ロームの最先端電源技術 · 検査工程は光学技術で効率化を可能にする · 学生がアイデアをすぐに具体化して効果を検証 大学で… ニアラインHDDで存在感を示す。東芝 · 自動運転車の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産、デザインの源泉「グローバルデザインセンター」はどんな場所なのか

日産自動車は31日、グローバルデザイン拠点「グローバルデザインセンター」(神奈川県厚木市)を2017年9月の改装後初めて日本の報道陣に公開した。デザインスタジオや新設した「アーカイブギャラリー=写真」などを紹介した。デザイナーが新たな発想を生み出しやすいような環境整備とともに仮想現実(VR)なども駆使し、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
LG電子、米社と次世代の保安技術開発

LG電子、米社と次世代の保安技術開発. LG電子は1月31日、電子制御システムの開発を手掛ける米ハネウェルと次世代向けセキュリティーシステムを共同開発すると発表した。 自動運転車やコネクテッドカー(つながる)は常にネットワークにつながり、多様な情報を送受信しているため、ハッキング対策など高度のセキ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
悪魔の経済計算と計算不能な価値の多様性による成長戦略

しかし、旧来のガソリンエンジンが一気に完全に消滅するわけでもありません。仮に、そこにこだわり続けるのならば、もはや、機能面の高度化に向けた技術開発では、生き残れなくなります。逆に、自動運転や電気自動車では実現できない固有性を軸にして、新たな価値創造のための技術開発こそが求められるはずです。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ジャガー・ランドローバー(Jaguar Land Rover)社、アイルランドにソフトウェア・エンジニアリング・センター …

同センターは、英国にあるジャガー・ランドローバー社のエンジニアリングチームとの協力の下、未来のジャガーおよびランドローバー ブランドの電動化と自動運転機能を支援する新技術を開発します。自動運転車と電気自動車(EV)の同社のビジョンの実現へ向けて、同センターは極めて重要な役割を担う施設となります。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
富士通、自動車へのサイバー攻撃を検知する新技術を開発

富士通は自動車制御支える土台として重要な車載ネットワーク(CAN) に対してサイバー攻撃が行われた場合、それを検知する技術を2018年度に実用化する計画を明らかにした。この技術は現在、 … 富士通では人口知能(AI)やデータ分析を利用して自動運転車を実現する「Mobility Iot Platform」も提供している。これからの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタと日産がCESで見せた将来への布石

世界の自動車市場をめぐる昨年の動向を振り返ると、政治的な采配の影響が見え隠れする欧州自動車メーカー勢の急激なEV(電気自動車)シフトの動きに対して、「日本メーカーは大丈夫か?」「遅れているのでは?」というような意見や風潮が、夏以降に加速し始めた。しかもEVに加えてAI(人工知能)や自動運転を踏まえた次 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です