ニュース

完全自動運転車の公道走行、GMが2019年までに実現へ

clicccar.com(クリッカー)
2019年までに「自動運転車」による公道走行実現を目指すゼネラルモーターズ(GM)が1月12日、米運輸省に「クルーズAV」(自動運転車)の公道走行許可を申請 … その実現に向け、シリコンバレーが培ってきたソフトウェアの知識や技術と、世界中に広がるGMチームやデトロイトの製造技術を融合、「安全性」を中心に据え、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

トヨタは自動車業界「100年に1度の破壊と創造」を生き残れるか

なかでも米シリコンバレーに拠点を置く「ユダシティー」という企業の動向が興味深い。グーグルで自動運転を担当していた元役員が設立した会社で、オンラインを通じて人工知能(AI)やセンサーなどの最新技術を習得できるサービスを提供している。世界で約400万人の技術者が登録しており、学び直しに活用しているそうだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

のサイドドア開閉を自動化、でも歩行者が接近した時は開きません

三井金属アクト(横浜市西区、真鍋貴志社長)は、自動車のサイドドアを自動で開閉するための電動ユニットの開発を本格化する。自動運転機能を使った無人の送迎車両への搭載を想定。画像認識技術を活用し、歩行者やバイクなどの接近時にドアを開けないようにするなど安全に配慮する。2020年の開発完了を目指す。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

血糖値を診るコンタクト・盗られたNEMを追う日本人技術者・フライングカー開発ネット講座 #egjp 週末版106

講師はGoogleで自動運転車プログラムのリーダーだったSebastian Thrun(スクールの創設者)や、MIT教授で2017年にはオーストラリアでブリトーのドローン配送プロジェクトを率いていたNicholas Roy、トロント大学航空宇宙工学教授Angela Schoellig、Amazon Roboticsの前身企業を創設したRaffaello D’Andreaといった …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース

トヨタは自動車業界「100年に1度の破壊と創造」を生き残れるか

グーグルで自動運転を担当していた元役員が設立した会社で、オンラインを通じて人工知能(AI)やセンサーなどの最新技術を習得できるサービスを提供している。世界で約400万人の技術者が登録しており、学び直しに活用しているそうだ。技術革新が速く、知識が陳腐化していく時代に求められるサービスと言えるだろう。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です