ニュース
自動運転の安全性 公道試験前に評価 自動車研が新サービス

日本自動車研究所 25日、自動運転車の安全性を公道での実証実験に備えて事前評価するサービスを2月に始めると発表した。車両に載せたシステムが走行時に正確に動くかを調べるほか、テストドライバーが緊急時に対処できるかなどを試験する。評価結果を公道実験開始までの技術改良などに生かしてもらう。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ボッシュ、ボーダフォン、ファーウェイ、運転支援システムなどの車両情報を5G通信するC-V2X技術を開発

3社が開発を進めるC-V2X技術では、運転支援システム等の情報を車両間で通信することで、運転支援システムを搭載する車両はその情報をもとにこれまでよりも早いタイミングで自動的に車速を調整するため、割り込み車両にもスムーズに対処しやすくなるという。 また、C-V2X技術のネットワークに接続した車両は、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
徐々に進むEV化 でもその前に

そのためには自動運転も欠かせない技術という位置づけになるだろう。自動運転に関しては、パーソナルな車両にも搭載されるが、ドイツではリージョナルに使われる公共の乗り物から始まりそうだ。それはリージョナルなロジスティックス、カーシェアリングなどだ。北米では2018年の今年からフリーウエイでのCar to Car通信 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GM、フォード、テスラが「自動運転機能」活用で新事業への進出を計画か?

clicccar.com(クリッカー)
日経新聞によると、GMは2016年に買収したベンチャー「クルーズ」社の技術をベースに、「セルフドライビング タクシー」サービスを自ら手掛けるそうで、高利益率事業の実現を目指す模様。またフォードも自動運転車を活用したサービス展開計画をデトロイトショー2018で発表。2016年に買収した「チャリオット」社と共同でライド …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AIは間違っても責任を取らない、ここに新ビジネスの種が

では、自動運転車で事故が起きた時には、だれがその責任を負うことになるのか。AIに刑事罰を課すことはできない。すべての責任をメーカーに課していたら、ビジネスは成立しないことだろう。自動運転は、自律走行の性能だけではなく、そろそろこの辺りをケアした技術開発や制度設計が必要になってきている。これは、自動 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
科学技術と市場の未来 そして投資家の責任(大機小機)

例えば自動運転車は万が一の時、歩行者と運転者のどちらを最優先で守るべきなのか。デザイナー・ベビーと遺伝子治療の境界線はどこか――技術の使い道や倫理の議論を後回しに、きらびやかな新技術だけ追いかけるのは危うい。 それは科学技術に資金をつける投資家の宿題でもある。新技術への投資でたとえ収益を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「アキュラウォッチ」搭載、アキュラ RDX 新型の先進運転支援…デトロイトモーターショー2018

ホンダの海外向け高級ブランド、アキュラは米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、新型アキュラ『RDX』のプロトタイプに、最新の「アキュラウォッチ」を搭載すると発表した。 アキュラウォッチは、アキュラの先進運転支援システム(ADAS)の総称。 … 将来の自動運転技術につながる先進安全技術を導入する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【電子版】論説室から/進むの電動化、サプライヤーは将来見据えた事業展開を

自動車サプライヤーの動向に詳しい立命館大学の佐伯靖雄准教授は「近年、電動部品の分野ではボッシュやコンチネンタルといったドイツ系部品メーカーの参入が増えている。自動運転の要素技術でも両社が上位に食い込んでおり、日本でもドイツ系メガサプライヤーの台頭が著しい」という。 自動車産業は完成メーカーを …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホ?ッシュ/ホ?ータ?フォン/ファーウェイ: コネクテット?カーの相互通信を実現

C-V2X技術はこれまで、高速道路上での車線変更時や前走が突然ブレーキをかけた際のリアルタイム警告システムとして用いられてきた。しかし、直接的な情報交換が可能になれば、ACCはドライバーに警告するだけでなく、自動的に加速したり、ブレーキをかけたりすることができるようになる。この新しい移動体通信技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ロボット・自動運転車の頭脳、オープンソースで開発へ

今日この頃、これらの技術はめざましい進歩を遂げ、完全自動運転の時代まであと一歩―― … それについて、すでに自動運転車「RoboCar®」や宅配ロボット「CarriRo®」の実証実験を公道などで行っているZMPはきょう、自社開発の自動運転用コンピュータIZAC(アイザック)において、汎用開発ツールである画像認識機能 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
DHLグローバル・トレード・バロメーター/自動車産業による日本の短期経済成長の牽引を予測

世界初となるこのグローバル・トレード・バロメーター(人工知能、ビッグデータ、予測分析を駆使することにより算定される国際貿易成長に対する早期指標)では、世界的な自動車需要の鈍化により最新の数値が直近数ヵ月の数値を下回ったものの、日本の短期貿易成長はプラスを維持すると予測しています¹。また、陸上車&部品 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です