ニュース
自動運転時代への近道は–CES 2018の車両技術を振り返る

Uberと言えば、そのカーシェアリングサービスが、トヨタ自動車の発表で大々的に扱われた。トヨタは「e-Palette Concept」という新しい自動運転車両のコンセプトを打ち出し、e-PaletteについてはAmazon、Uber、Pizza Hut、Didi、マツダとパートナーシップを組んで自動運転技術を共有し、未来のスマートシティを探究していくと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「ラストワンマイル」を自動運転で 人手補うクルマたち (1/2)

自動運転クルマで快適に移動する、という生活が実現するのはまだ先になりそうだが、その技術を活用できる分野は乗用車だけではない。1月17日に東京ビッグサイトで開幕した「第1回自動運転EXPO」では、短い距離を低速で自動走行する車両が提案されていた。物流などの分野で、店舗から個人宅までの「ラスト …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転時代、経営もNext模索 GMやフォード

例えば同社の自動運転車の土台になっている技術は、16年に約10億ドル(約1110億円)で買収したサンフランシスコが拠点の自動運転技術開発ベンチャー、米クルーズのものだ。GMの調達担当、マーサス・ジョシュア上級ディレクターは「自動運転車開発にはベンチャーの力が必要だ。だが調達はGMが一手にになう。両方の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車をお披露目

次世代の自動車技術を集めた展示会「オートモーティブワールド2018」が東京都江東区で17日から始まり、中部企業が自動運転技術などを出展した。技術開発支援のAZAPA(アザパ、名古屋市)はリコーと実証実験している自動運転車=写真=を展示した。 アザパはリコーと秋田県仙北市で昨秋から自動運転の実証実験を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタが考える自動運転開発のアプローチとは…オートモーティブワールド2018

トヨタ自動車先進技術開発カンパニーの松尾芳明主査は1月17日に開幕したオートモーティブワールド2018での自動運転に関するセミナーに登壇し、段階的に自動化 … まず人とクルマの融合を進めるアプローチでは「段階的に自動化のレベルを上げていくことができることで、それぞれの段階において技術をより速く実用化して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転の実験支援サービス相次ぐ 立案から公道走行まで

最低限の人間の関与で走る自動運転車の導入や開発を検討する自治体や企業向けに、実際に公道を走らせる試験の実施を支援するサービスが相次いで登場している。自治体などには人口減少などの影響で赤字が続く地方路線バスやタクシーを自動運転技術でよみがえらせることなどへの期待があり、試験需要の拡大に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
マツダ、トヨタと共同開発の自動運転車でロータリーエンジン復活へ

マツダはほぼ半世紀かけて完成させたロータリーエンジンの生産を2012年に停止した。そして今、マツダはこの伝統技術を思いも寄らないような場所で復活させようとしている。それはトヨタ自動車と共同で開発を進める、ピザから人まであらゆるものを運ぶバッテリー駆動の 自動運転車だ。 マツダモーターオブアメリカの毛籠勝弘 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
今日からでも始められる量産での自動運転 – Xilinx

同社のブースのテーマは「FPGAで開発したプラットフォームをベースに、量産を前提としたソリューションを提供する」というもので、量産での自動運転を実現する … した画像をリアルタイムでダイレクトに3Dマッピングする技術を、中国DeePhi Techが12chのイメージセンサからの画像を元に、ディープラーニングの推論で状況を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GMがハンドルやペダルのない自動運転量産『クルーズAV』を2019年に実用化

さらに、GMの自動運転車は、年齢、身体的な障害、あるいはその他の事情で現在運転することができない人々にとって利用しやすいモビリティを実現します。 この自動運転の実用化に一丸となって取り組むには、システムの安全性に関してシリコンバレーが培ってきたソフトウェアの知識や技術と、世界中に広がるGMチームや …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
パイオニアとみちのりホールディングス、茨城交通の3社路線バスの自動運転化の技術開発に向けた実証 …

複数のバス会社を保有し、路線バスの運行ノウハウを持つみちのりグループと、カーナビゲーションで培った高い自位置推定技術や、自動運転に必要とされる走行空間センサー「3D-LiDAR」、自動運転用地図などの開発を進めるパイオニアは、それぞれの強みと知見を持ち寄り、将来の自動運転社会の実現に向けて研究・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動車分野における新技術開発のプラットフォーム構築について

住友商事とAZAPAは、自動車向け人工知能搭載ECUの共同開発を目指します。ECUは、エンジンやモーター、カーナビやカーエアコンといったあらゆるシステムを統合制御させる装置です。昨今、走行の省エネルギー化や高齢者の運転支援といった観点から制御の高度化が求められており、1台あたりのECU搭載数や能力値 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
なぜトヨタは全車種の”電動化”を焦るのか

トヨタ自動車は12月18日、電動化戦略の説明会を開き、2025年頃までにエンジン車のみの車種をゼロにすることや、2030年までに電気自動車(EV)などに使う車載電池の開発・生産に約1兆5000億円を投資することを … また、クルマと人工知能(AI)の融合により、無人で完全自動運転のできるクルマが登場する日も近い。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
IT革新と 「メーカー」の先へ

運転席が見当たらない自動運転で箱形の車両が動くさまは、アニメで見た近未来のよう。相乗り、宅配、小売りなど多目的の利用を想定し、米中の相乗り大手や米ネット通販大手のアマゾン・コムなどと提携した。 の相乗りと、を貸し借りするシェアリング(共有)は、インターネットを介した利用が欧米や中国で先行してきた。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ソフトバンクが自動運転バスの試乗会を開催!丸の内仲通りでGPS情報を使わずに運転手のいない「自動 …

現在日本ではこの自動運転レベル4で公道を走ることが認められておらず、今回の試乗会は実証実験を兼ねたものとなりました。 … 車両の位置や周辺の障害物などを把握するのには、GPS情報の他に車両前方に取り付けられたLiDER(レイダー)によるレーザースキャン方式を用いており、GPS情報を得られないビルの谷間や …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です