ニュース
米GM、キャデラックで先行導入へ-EVや自動運転など先端技術

米GM、キャデラックで先行導入へ-EVや自動運転など先端技術. Craig Trudell、David Westin. 2018年1月16日 9:46 … GMは中国での急成長を踏まえ、キャデラックが向こう10年で新しい電気自動車(EV)や自動運転車を投入していくのに適したブランドだと考えている。キャデラックのヨハン・ダ・ネイシン社長がデトロイトで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【特集】「自動運転車」に熱視線再び、北米自動車ショー開幕で新ステージへ<注目テーマ>

現地時間14日、米ミシガン州デトロイト市で世界の耳目を集める北米国際自動車ショーが開幕した。各メーカーにとって戦略車種の発表はもちろんのこと、自動運転技術のお披露目の場ともなる。ここでは自動運転やコネクテッドカー(つながる)向けの次世代技術を展示、米フォードや独フォルクスワーゲンのほか、米半導体 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
独コンチネンタル「会社分割を検討」 自動運転を分離か

自動運転・電動化の部門と既存事業を切り離す可能性が高い。自動車部品 … デルファイは、2017年末にガソリン、ディーゼルのエンジン向けのシステムなど自動車の動力関連部門を上場企業として分離独立させた。本体は自動車向けの通信、車載情報システムなど自動運転との関連性が高い技術開発に集中している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
激化する自動運転技術の開発競争、そして実現は目の前に

まず、特徴的な話題は自動運転に関する話題である。CESといえば、かつてはテレビ、ビデオ、オーディオなどの“黒モノ家電”、昨今では携帯電話を始めとするスマートデバイスなどが、その時々の最新技術を実装した主役として扱われていたが、2018年はがその主役に躍り出た。こうした傾向は昨年あたりから誰しもが感じる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GMが「ハンドルのないクルマ」を2019年に投入へ ついに「本物」の自律走行がやってくる

ウェイモやUberなどの競合が自動運転技術の開発で他社との提携を選択したのに対し、GMは垂直統合を進めている。16年にはサンフランシスコのスタートアップ企業Cruise Automationを6億ドル(約663億円)で買収し、完全自律走行の開発を任せたと報じられた。 GMはLiDARセンサーも自前で調達する方針で、昨年10 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「ハンドルが無いクルマ」がついに実現!? GMが無人走行可能なクルマを販売するため、アメリカ運輸省と …

自動車業界における最新トレンドのひとつであり技術革新が進んでいる自動運転について、業界の巨人といえるゼネラルモーターズが金字塔を打ち立てることになりそうです。 同社が発表したニューモデル「クルーズAV」のインテリア画像には、ステアリング・ホイールもペダルも見当たりません。ついにドライバーがいなくても走る …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産がデザインコンセプト 日本建築などからヒント

トヨタ自動車の高級ブランド「レクサス」が販売するクーペ「LC」ではデザインの一部に伝統的な日本刀をイメージしたデザインを持たせた。マツダは「日本の美意識」をテーマにシンプルさを追究したコンセプトを発表している。 自動運転技術やシェアリングの広がりで、は所有から使用に使い方が変わりつつある。「ただ、は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
レクサスSUV、最上級コンセプト公開 北米ショー

【デトロイト=工藤正晃】トヨタ自動車は15日、高級「レクサス」ブランドで、都市向けの多目的スポーツ(SUV)の最上級コンセプトを発表した。2025年までに世界で展開するレクサスの全車種に電気自動車(EV)や燃料電池自動車(FCV)、ハイブリッド(HV)などの電動を設ける計画で、コンセプトの自動運転技術や …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第144回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(84)自動運転

自動運転の「レベル」 今、自動運転はどこまで行っているのだろうか。自動運転技術は大まかにわけて「レベル5」まであるという。 まず「レベル0」はドライバーがすべての操作を行うだ。おそらく私のメーカー最安値軽自動車は「レベル0」である。レベルの高いではないとは思っていたが0とは驚きだ。ドラクエのレベルで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ボトルネック見極めに必要 米運輸長官、自動運転さらに意見公募

チャオ長官は「政府には極めて多くの障壁がある。それは官僚主義だ。われわれは重複しているものや、技術革新の進展を妨げているボトルネックを見極めている」と指摘した。 NHTSAは自動運転車に対する「不必要な規制の障壁」や安全性の検証と認証の方法に関して意見を求めている。FTAやFHAも意見を公募している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタ、新型アバロン公開=対話型AIを初搭載-北米自動車ショー

… 【デトロイト時事】トヨタ自動車は15日、米デトロイトで開催中の北米国際自動車ショーで、大型セダン「アバロン」の新型モデルを公開した。同社の乗用車として初めて音声対話型の人工知能(AI)によるアシスタント機能を搭載。先端技術を活用した新たな価値をアピールし、苦戦が続くセダン市場のてこ入れを図る。 今春米国で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
北米自動車ショー、主役は大型車

もう一つは、AI=人工知能や電気自動車といった最近のトレンドとは異なる、車本来の「走る楽しさ」を求める動きです。近年、アメリカではAIを使った自動運転技術への関心が急速に高まっていて、先週、ラスベガスでは各社こぞって自動運転を使ったコンセプトカーなどを披露しました。今回、発表されたトラックは最新技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アマゾンのAI、トヨタ車に 今春にも上級セダン

【デトロイト=工藤正晃、湯沢維久】大手自動車メーカー各社が「つながる車」や電動化対応の新型車を米国市場に相次ぎ投入する。トヨタ自動車は上級セダンに米アマゾン・ドット・コムの人工知能(AI)を初めて搭載する。中国・欧州勢は2019年から電気自動車(EV)を発売する。減速傾向が続く市場と環境規制への両にらみの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GMが「ハンドルのないクルマ」を2019年に投入へ ついに「本物」の自律走行車がやってくる

しかし今回の動きは、自動車産業が個人によるクルマの所有や人間のドライヴァーといったものから離れつつあるなかで、GMが現在の地位を保つために進める積極的 … GMで自動運転関連の法務などを担当するポール・ヘンマースバウは現行の法規について、「非論理的に近いか、もしくは人工知能がドライヴァーとなる時代に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
車での音声操作にもアマゾン、経済圏拡大はかる

トヨタ自動車が15日、北米国際自動車ショーで米アマゾン・ドット・コムの人工知能(AI)「アレクサ」を搭載した車種を発表した。車の中から家のエアコンを操作できるほか、ネットでの買い物も可能になる。アマゾンはスピーカー端末で高まるシェアを武器に、家庭だけでなく、自動車も含めた自社経済圏の拡大をはかっている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
身近に起こっている自動化のトレンド(後)

電気自動車になると電装品は8割か9割になるという。とくに、自動運転車の場合には人工知能が一番大切な技術になる。先ほどのGoogleは人工知能を武器にして自動車産業に参入しようとしている。このように、自動運転車の時代は今までの自動車産業とは求められる技術が全然違うことが明らかだ。もちろん自動車の足回り …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「自動運転車」に熱視線再び、北米自動車ショー開幕で新ステージへ<注目テーマ>

欧米や中国などで国策として推進される電気自動車(EV)シフトの動きだが、一方で「自動化」への流れも顕著となっている。自動運転技術を巡る世界の開発競争は一段と先鋭化している。既に高速道路の単一車線での自動操縦などは実用化されているが、最終的には人工知能(AI)を活用してドライバーの操作を全く必要と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【オートモーティブワールド2018】自動車技術展、世界最大規模の1100社出展 1月17日から

世界最大規模の先端自動車技術展「第10回オートモーティブワールド」が明日17日から19日まで、東京臨海都心の東京ビサッグサイトで開催される。主催はリードエグジビションジャパン。第10回と … 主催者によると今回は、AI(人工知能)関連の展示・セミナーも見どころだという。 オートモーティブワールド2018は、「第10回 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【2018 希望への展望】住友商事社長・中村邦晴さん(67)

既に自動車やIoT(モノのインターネット)&AI(人工知能)、エネルギー周辺などのワーキンググループがあるが、もう少し柔軟に対応できる組織も検討している。例えばコネクテッドカー(つながる車)は自動車と通信技術が融合する分野で、自動車の部品産業も自動車部門からと素材の部門からの2つのアプローチがある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
デンソー、東芝情報システムなどと 車載製品向け組込ソフトウェア開発強化に向けて資本提携

デンソーと東芝グループは、2017年4月にIoTを活用したモノづくり、高度運転支援・自動運転などの分野での協業強化を開始しており、画像認識システム向けの人工知能技術や自動車用リチウムイオン電池パックなどを共同で開発している。今後も3社は、戦略パートナーとして組込ソフトウェア事業、IoTを活用したモノづくりなど …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
GMが「ハンドルのないクルマ」を2019年に投入へ ついに「本物」の自律走行がやってくる

ウェイモやUberなどの競合が自動運転技術の開発で他社との提携を選択したのに対し、GMは垂直統合を進めている。16年にはサンフランシスコのスタートアップ企業Cruise Automationを6億ドル(約663億円)で買収し、完全自律走行の開発を任せたと報じられた。 GMはLiDARセンサーも自前で調達する方針で、昨年10 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
激化する自動運転技術の開発競争、そして実現は目の前に

に関しては、CASE(C:Connected<つながる>、A:Autonomous<自動運転>、S:Sharing<共有>、E:Electricity<電動化>)という4つの分野が注目されて … そして、そのために世界各国の有力企業同士(特に、自動車メーカー(関連企業)と“ITジャイアント”)、先端的技術を持つベンチャー企業らが相互に提携を進め …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です