ニュース
GM、来年に無ハンドル車 自動運転、量産先陣も

【ニューヨーク=共同】米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は十二日、ハンドルやアクセルペダル、ブレーキペダルのない量産可能な自動運転車を二〇一九年に実用化すると発表した。特定の場所を走るといった一定の条件下で、全ての操作をシステムが担う「レベル4」に分類される自動運転技術を搭載する世界初の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
無人運転車が生む「第4の画面」 TVやスマホに続く

クルマは私たちの日常生活や娯楽、仕事の場所や方法を一変させた。 自動車業界のたゆまぬ技術革新により、現代のクルマはより速く、高燃費で、安全性が増している。だが、渋滞や事故、長時間運転に伴うストレスなどの問題はまだ解消されていない。このため、クルマの導入並みのインパクトを持つ「完全自動運転車」革命 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【春闘】全トヨタ労連、ベア3千円以上要求発表 大変革期で「厳しい交渉に」 自動運転・EV…が収益圧迫

ただ、電気自動車(EV)や自動運転といった次世代技術への対応が迫られるなど経営の先行きは不透明で、決着は予断を許さない。 ベア要求は5 … ただ、自動車業界は「100年に1度」といわれる大変革期に直面しており、トヨタも昨年12月、2025年に全車種にEVなどの電動モデルを設定する方針を表明。新技術の開発 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【CES 2018】ソフトウェアでレーダーなどの分解能を格段に向上。デンソーが展示した“魔法”みたいな「CS …

現在この技術は研究中で、デンソーとしては「まず知ってもらうことが大事」(北山氏)とのこと。CESで展示することで知ってもらい、要件に合わせての開発などへつながることを視野に入れている。 安全なクルマ自動運転車を作る上で、目の役割にあたるレーザーやライダーの分解能は高ければ高い方がよいだろう。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米GM、2019年に自動運転レベル4をクリアする量産準備を発表へ

… の小型電気乗用車「シボレー・ボルトEV」をベースに、自動運転技術のレベル4をクリアする量産準備「クルーズAV」を来る2019年に実用化すると発表した。 … これは文字通りの完全な自動運転車のリリースを目指すもので、GMでは、車両事故の94%を占める人間によるドライバのエラー完全に排除することを目指すとして …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルーズコントロールの車間設定は開きすぎ? 安全な車間距離にイラつく日本の現状

たしかに技術が進んで車々間通信を行う隊列走行といった自動運転技術であれば、車間がほとんどない状態であっても事故は起きにくいかもしれない。しかし、個々のクルマの制動性能も異なれば、ドライバーの反射神経やテクニックもさまざまな状況において、車間距離を詰めるというのはリスキーな行為だ。もしACCのついた …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【交通死者減少】ゼロ目指し知恵絞ろう(1月13日)

昨年、県内で発生した交通事故の死者数は68人で、64年ぶりに70人を下回った。全国でも3694人と統計史上最少だった。一方、年明けから県内外で高齢ドライバーの逆走や、逆走に伴う重大事故が発生した。死亡事故の減少は適切な対策を重ねれば、犠牲者は減らせることを示している。車両や交通環境の安全技術の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
技術はどこまで進んでいるのか?

日経BP社編集による『日経テクノロジー展望2018 世界を動かす100の技術』(日経BP社 )では未来の技術がどこまで実用化段階にあるのかがさまざまな観点から紹介されています。例えばぶつからない自動運転ですね、それがどこまで実現できているのか。あるいは仮想通貨はどこまで実現しているのか。はたまた、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
米GM 19年に自動運転実用化へ

【ニューヨーク時事】米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は12日、ハンドルやペダルのない自動運転車の走行許可を米運輸省に申請したと発表した。既に2019年に … GMは、一定の条件下で人の運転操作が不要な「レベル4」の自動運転車を… … GM、いすゞ自動車と再び資本提携か 細井社長、「ビッグ3」を手玉に取る?
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です