ニュース
【新聞ウォッチ】米家電見本市「CES 2018」開幕、次世代技術の競演で際立つ自動車各社

【新聞ウォッチ】米家電見本市「CES 2018」開幕、次世代技術の競演で際立つ自動車各社 … で火花」というタイトルで、「もともとはテレビなど家電製品が主役だったが、自動運転車や人工知能(AI)の開発競争が加速する中、自動車やIT、半導体業界、ベンチャー企業も入り乱れて次世代技術を競い合う場になりそうだ」と紹介。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米 家電ショーを前に AI搭載家電や自動運転車披露

アメリカのラスベガスで世界最大規模の家電ショーが始まるのを前に、主要メーカーは、AI=人工知能が搭載された家電製品や、自動運転の電気自動車など最 … メーカーの存在感が年々高まり、トヨタ自動車の豊田章男社長は「これが将来の移動手段だ」と述べて、自動運転の電気自動車のコンセプトカーを披露しました。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「2018年の自動車業界は“晴れ”基調」、自工会会長の西川氏

… に大台となる500万台に乗った。 2018年のさらなる市場拡大を目指して、西川氏は「技術革新と事業革新が成長のためのキーワードだ」との考えを述べた。技術革新では、日産をはじめ自動車メーカー各社が取り組む電動化の加速はもちろん、人工知能(AI)の活用によって企画や技術開発のスピードが上がるとの見通しだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NVIDIA、「Xavier」を活用した次世代の自動運転プラットフォームを提供へ

グラフィックスチップ大手のNVIDIAは米国時間1月7日、同社の「Xavier」を利用した次世代の自動運転プラットフォームを発表した。Xavierは、自動車向けの人工知能(AI)に賭ける同社が研究開発に20億ドル(約230億円)を費やしたSoC(System on a Chip)だ。 NVIDIAが「世界で最もパワフルなSoC」と呼ぶXavierは、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NVIDIAが「GTC Japan 2017」で人工知能時代の到来をアピール

NVIDIAでは,このほかにヘルスケアもAIの技術が役立つ分野と位置づけている。フアンCEOは,基調講演の中で日本におけるAI活用の重要な分野として自動車,産業ロボット,建設に加えてヘルスケアを挙げ,その市場規模が700億ドルに上るとした。基調講演の最後に,フアンCEOは,これらの技術によるAI革命が始まったと …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車・輸送機 ニュース

ブルームバーグ)トヨタ自動車はインターネット通販最大手の米アマゾン・ドット・コムやライドシェア大手のウーバー・テクノロジーズなどと提携し、自動運転や … 【米ラスベガス=杉本要】米エヌビディアは7日(日本時間8日)、自動運転向けの人工知能(AI)技術で独フォルクスワーゲン(VW)や米ウーバー・テクノロジーズなどと.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ZF:AIコントロールボックスが百度の自動駐車システムに採用

ZFフリードリヒスハーフェン社(以下ZF)と中国の百度社(バイドゥ:Baidu、以下、百度)は、アメリカで開催される「コンシューマーエレクトリックショー(CES) 2018」に先立ち、無人で自動駐車を可能にする新しいシステムを発表する。両社の戦略的提携による最初の成果であるこのシステムは、ZFがアメリカの半導体 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
主戦場は音声対応=「つながる家電」日韓競う-米見本市

… 【ラスベガス時事】世界最大級の家電・IT見本市「CES」の開幕を前にした8日の記者会見で、日韓の電機メーカーはあらゆる機器がつながるIoT(モノのインターネット)への対応を競った。CESの主戦場は数年前まで薄型テレビだったが、音声対話型人工知能(AI)を住宅・家電や自動車といかに連携させるかに移った。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタ:自動運転EVで宅配や移動ホテル-アマゾンなどと提携

トヨタはこのサービスの展開にあたり、車両制御のインターフェース(規格)を外部に開示。これによりさまざまな企業が開発した自動運転システムの搭載が可能になるとしている。豊田章男社長は「eパレット」のコンセプトは、これまでのの概念を超えて消費者にサービスを含めた「新たな価値が提供できる未来のモビリティ社会 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
運転手なしでピザ宅配? トヨタがアマゾンなどと提携

これよりも小さめのと大きめのも追加してつくる。 アマゾンやピザハットのほかに、中国でライドシェアを手がける配車大手、滴滴出行(ディディチューシン)や、ほかの分野で提携済みの米配車大手ウーバー・テクノロジーズ、マツダとも協力する。 トヨタ以外の企業が開発した自動運転システムも載せられるようにし、提携の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
元グーグル社員らが創業の自動運転企業Aurora、現代やVWと提携

シリコンバレーで自動運転車の開発を手掛けるスタートアップ「Aurora」がフォルクスワーゲン(VW)と現代自動車と提携する。約1年前の創業 … Auroraを創業したのは、グーグルの自動運転プロジェクトの元責任者であるクリス・アームソン(Chris Urmson)と、テスラのオートパイロット技術の元開発責任者であるスターリング・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
CES 2018:アマゾンやUberと組んだトヨタは、新しい自律走行で「モビリティ企業」に転身できるか

トヨタは今回、UberやUberの中国におけるライヴァルである滴滴出行(ディディチューシン)、マツダ、ピザハット、そしてアマゾンと提携した。Uberと滴滴出行、マツダは技術パートナーである。車両の設計に加わるだけでなく、必要に応じて独自の自動運転プログラムを搭載できる。ピザハットとアマゾンは、顧客からの注文が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ 電気自動車のコンセプトカー発表 米IT企業と連携も

… のを前に、現地で自動運転で走行する電気自動車のコンセプトカーを発表し、商品の配送などのサービスに使うためにアメリカのIT企業などと提携しての開発を進めることを … 技術は急速に進展しており、競争の火ぶたは切られた」と述べて、トヨタとしてこれまでのの概念を超えた取り組みを進める意気込みを示しました。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタが自動運転商用=対話型AIにも関心-米家電見本市

… 【ラスベガス時事】米ネバダ州ラスベガスで9日開幕する世界最大級の家電・IT見本市「CES」を前に、日本の電機・自動車大手が8日、記者会見を開いた。トヨタ自動車は完全な自動運転機能を備えた商用のコンセプトを初公開。話し掛けるだけでさまざまな情報が得られる音声対話型AI(人工知能)を備えた機器も相次いで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アルガス・サイバー・セキュリティーがコネクテッド/自律走行をサイバー攻撃から守るためルネサスと提携

コネクテッドと自動運転車両を推進する上での重要な要素となり、走行中の全車両をサイバー攻撃から守るという我が社の使命における新たな節目と言えます。コネクテッド車両が増え、自律走行の時代が急速に近づく中、自動車サプライチェーンに属するすべての企業サイバーセキュリティーを最優先事項とし、どのような …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車・輸送機 ニュース

… シェア大手のウーバー・テクノロジーズなどと提携し、自動運転や電動化技術を用いて小売りや外食、配送などさまざまな事業者が活用できる移動車両サービスに取り組むと発表した。 … 【米ラスベガス=杉本要】中国・南京に本拠を構える電気自動車(EV)ブランドの「バイトン」は7日(日本時間8日)、初の試作を発表した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AirbiquityとArityがエッジ分析機能のOTAソフトウエアとデータ管理をコネクテッドカー業界に提供

Arityとの提携は、AirbiquityのOTAmaticによるアップグレード可能なエッジ分析がこの市場機会をいかにスマートに取り込んでいるかを実証している」と述べた。 Arityのゲーリー・ハルグレン社長は「最新航空機は1回の飛行で0.5テラバイトのデータを生成する。コネクテッドな自動運転車も同じで、車両ごともしくは車両間で大量 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタが次世代「電気自動車」 移動型店舗にも活用

トヨタが発表したeパレットは自動運転の技術を活用して人の移動や物流、移動型の店舗など、幅広く利用できる次世代の電気自動車です。インターネット通販のアマゾンなど5社と提携し、を売るだけでなく、安全性や決済などのサービス面での収益の拡大を図ります。2020年の東京オリンピックで実験を行い、2020年代前半 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
NVIDIAのAI技術、Uberが自動運転車に採用へ (1/2)

NVIDIAは「CES 2018」のプレスカンファレンスで、Uber Technologiesの自動運転車に同社のAI(人工知能)技術が採用されると発表した。 … NVIDIAのCEO(最高経営責任者)であるJensen Huang氏は、NVIDIAは、「蓄積してきたGPU技術を基に、急速に成長する市場、例えばゲーム(1000億米ドル)、人工知能(3兆 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、サービス業向け自動走行EV 5社と実証実験

EVのほか、中距離向けにはマツダの技術を生かし「レンジエクステンダー」と呼ばれる発電専用エンジンを積んだプラグインハイブリッド(PHV)の供給も検討する。ウーバーや滴滴はそれぞれ自動運転技術を開発しているが、トヨタはイー・パレットの車両制御のインターフェースを開示し、協業企業がそれぞれの自動運転技術を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米 家電ショーを前に AI搭載家電や自動運転車披露

アメリカのラスベガスで世界最大規模の家電ショーが始まるのを前に、主要メーカーは、AI=人工知能が搭載された家電製品や、自動運転の電気自動車など最先端の技術を取り入れた製品を披露しました。 続きを読む. アメリカのラスベガスでは、国内外のおよそ4000社が出展する世界最大規模の家電ショー「CES」が9日 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
元グーグル社員らが創業の自動運転企業Aurora、現代やVWと提携

シリコンバレーで自動運転車の開発を手掛けるスタートアップ「Aurora」がフォルクスワーゲン(VW)と現代自動車と提携する。約1年前の創業 … Auroraを創業したのは、グーグルの自動運転プロジェクトの元責任者であるクリス・アームソン(Chris Urmson)と、テスラのオートパイロット技術の元開発責任者であるスターリング・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタが自動運転商用=対話型AIにも関心-米家電見本市

… 【ラスベガス時事】米ネバダ州ラスベガスで9日開幕する世界最大級の家電・IT見本市「CES」を前に、日本の電機・自動車大手が8日、記者会見を開いた。トヨタ自動車は完全な自動運転機能を備えた商用のコンセプトを初公開。話し掛けるだけでさまざまな情報が得られる音声対話型AI(人工知能)を備えた機器も相次いで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
35%が完全自動運転車※1を利用したい完全自動運転車でやってみたいことトップは「睡眠」

完全自動運転車の実用化には、現時点では法律や技術面での多くの課題があります。しかし、実用化によって、交通事故や渋滞といった社会問題の解決に効果が見込まれることから、将来は一般的な移動手段となることが予想されます。誰もが安心して利用できるような法整備や技術向上が進むことを期待したいと思います。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタがサービス向け自動運転EV、Amazonを仲間に

限られた範囲で完全自動運転を実現できる「レベル4」の技術を搭載するという。エレクトロニクス関連の大型展示会「CES 2018」(米国ラスベガス、2018年1月9日~1月12日)の開幕に先立って開いた記者発表会で披露した。 発表会にはトヨタ社長の豊田章男氏が登壇し、e-Palette Conceptの発表を「これまでのクルマの概念 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産がデモ、脳波を使って“思い通りの運転”を支援する技術

自動運転車への適用を想定した技術だが、クルマを人間のコントロール外に置くのではなく、ドライバーが行う次の運転操作を支援することで”思い通りの運転”をサポートすることを目指す。日産自動車によると、完全自動運転車であっても運転の責任はドライバーが負うことを前提にし、運転支援システムに人の脳を融合する技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ソニー、自動車の危険回避を支援する「セーフティコクーン」。イメージセンサー活用

今回のCES 2018では、今後高度な自動運転の実現に向け、ソニーが提案する、イメージセンサー技術による「の眼」の進化を紹介。暗所、逆光などの運転環境下において自動車の周囲360度の状況を検知し、早期からの危険回避行動を支援する技術を疑似体験できるようにする。 さらに、望遠や広角、高速、感度などが求め …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車、次の課題は商用化 CES開幕へ

【ラスベガス】米アプティブのグレン・デボス最高経営責任者(CEO)は1年前、自社で開発したSUV(スポーツタイプ多目的)型の自動運転車に見込み客を乗せ、世界最大の家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」の会場内を行き来していた。複雑な環境でも自動運転を可能にする自社技術の進展を見て …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です