ニュース
自動運転車の安全な走行を実現する「ダイナミックマップ」生成でKDDI、ゼンリン、富士通が共同で実証実験

KDDI、ゼンリン、富士通は、2018年1月から、自動運転車の走行に利用する「ダイナミックマップ」を生成するために必須となる大容量データの情報収集と、自動運転へのマップ配信技術の実証実験を開始する。 ダイナミックマップは、自動運転や運転支援システムに必要となる高精度の3次元情報を持つデジタル地図。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「日本の自動運転技術は世界最高になり得るのか」デロイトトーマツ周氏が語る…オートモーティブワールド …

毎年規模を拡大して開催しており、前回は世界中から3万4542名の業界関係者が来場した。「カーエレクトロニクス技術展」「EV・HEV駆動システム技術展」「クルマの軽量化技術展」「コネクティッド・カーEXPO」「自動車部品・加工EXPO」の5テーマに、新たに「自動運転EXPO」を加えた6つの展示会を開催する。また業界の第一 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ZMP、第1回 自動運転EXPOに RoboCar MiniVan など出展へ

技術を活用した製品を自動車メーカ/部品メーカ等へ販売している。これまで実験・開発用車両「RoboCarシリーズ」や、ソニー製高感度CMOSセンサを搭載したステレオビジョン「RoboVisionシリーズ」、カメラやレーザセンサなどから周辺環境を把握し、自位置を推定、ステアリングやアクセル・ブレーキの制御を行う自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
2017年、小沢が面白かったクルマベスト5

というのも、今年後半は東京モーターショーもあって新作「EV(電気自動車)」「セミ自動運転カー」さらに「スポーツカー」の意欲作を楽しみにしていたのに、実際に出てきたのは日産「リーフ」のみ。北米プレミアムEVブランド、テスラ初のコンパクト「モデル3」は出遅れてるし、面白いセミ自動自動運転技術を搭載した市販は抑えめ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
の操作はジェスチャーで、アルプス電気がCES 2018で公開予定

アルプス電気は12月26日、2018年1月に米国ラスベガスで開催されるCES 2018において、自動運転車向けのジェスチャーによる入力技術を初公開すると発表した。 将来の自動運転車に向けて、アルプス電気が提案するのが、静電方式による入力デバイス。これは、ジェスチャーによる運転席周辺の入力操作を可能にするもの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【インタビュー】インテル 執行役員 オートモーティブ担当 大野誠氏に、Intelの自動車向け半導体ビジネス …

買収総額は約153億ドル(日本円で約1兆7442億円、1ドル=114円換算)と巨額の買収劇となったことでも大きな注目を集めたが、それだけの資金を投じて自動運転のキーコンポーネントとみられているコンピューター・ビジョンの技術を手に入れるというのが、Intelの自動運転実現への本気度を示していると業界では考えられて …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【材料】アートSHDなど自動運転関連が軒並み高、KDDIの3次元マップ提携の動きなど受け物色人気再燃

… エレクトロニクス<6769>、アイサンテクノロジー<4667>など自動運転車関連株が軒並み買われている。年末で中小型株物色の流れが強まるなか、内需の材料テーマ株に個人投資家資金を中心とした物色の矛先が向いており、その流れのなか株価面で休養十分な同セクターにも注目が集まった。自動運転技術を巡る世界の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Uber、失敗に終わった自動車リース事業をFair.comに売却か

The Wall Street Journalによると、提携ディーラーを介して中古を無期限でリースするサービスを展開する新興企業Fair.comが、同事業を買収するという(金額 … Khosrowshahi氏は規制当局、ドライバー、乗客との良好な関係の構築に努めつつ、自動運転技術を盗んだとして提訴されている大きな訴訟問題にも対処している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
交通トラフィックを先読みする

日本でいうところの花火渋滞などに備えて、流入トラフィックを別ルートに誘導することもできる。 自動車をデータ通信のパケットに見立てて、最適なルーティングを行うために、ノードや伝送路の情報を活用するといったところだろう。 将来的には自動運転車が主流になるかもしれないといわれる中、こうした技術は都市と移動手段 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動車分野・製薬分野が積極採用しているIT人材とは

自動運転など自動車分野の先進技術に興味があったことが志望動機となったこの男性は、好きなことに加えて、英語に堪能。一方、日本語力は会話レベル。海外の協業パートナー/開発拠点との連携がなければプロジェクトを進められないため英語力が当然求められるが、日本語力は必要ないとして採用担当者が条件を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
人工知能が仕事を奪う」に怯えている人たちが、今絶対にすべきこと

今では農業人口はわずか約3%で、近代化の過程でより「食える」産業の綿花・紡績産業、鉄鋼産業、電子機器産業、自動車産業などなどへと労働者が移動していったことはよく知られています。 ですから、人工知能が行う処理がいかに魔法のように見えても、労働市場で実際に起こることは、これまで何度も起こってきた技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
北京市 ハイテク産業推進ガイドラインを発表

北京市政府は26日、「ハイテク産業推進ガイドライン」を発表しました。このガイドラインは、次世代情報技術、集積回路、先端設備製造、医薬保健、省エネ・環境保全、人工知能(AI)搭載型新エネルギー自動車、新材料、人工知能、ソフトウェア・情報サービス、技術サービス業の10分野に対する指針となり、イノベーションによる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
音声認識技術の中心「サウンドバレー」:安徽省

すでに一般家庭のほか、おもちゃ、自動車、会議記録といった分野での応用が進んでいます。 人工知能と産業との融合・応用は、仕事や日常生活を便利にするだけでなく、効率の向上や、手作業からの解放といった面で、実体経済の発展を促しています。 合肥ハイテク区の責任者によりますと、「サウンドバレー」は1000億元の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
【材料】アートSHDなど自動運転関連が軒並み高、KDDIの3次元マップ提携の動きなど受け物色人気再燃

アートスパークホールディングス<3663>が一時6%高、ゼンリン<9474>も4%近い上昇をみせたほか、モルフォ<3653>、ベリサーブ<3724>、ザインエレクトロニクス<6769>、アイサンテクノロジー<4667>など自動運転車関連株が軒並み買われている。年末で中小型株物色の流れが強まるなか、内需の材料テーマ株に個人 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です