ニュース
Apple、自動運転車技術のデモを関係者限定で公開

Appleが先月の下旬に初公開した自動運転車技術に関する研究論文には、同社が開発中の「VoxelNet」と呼ばれるソフトウェアを用いた周辺環境マッピング技術の実験 … 米カーネギーメロン大学の教授を務め、Appleの自動運転技術の論文の共著者としても名を連ねたサラフトジノフ氏は、2016年にAppleに加わりました。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
名古屋大学発のベンチャー「TierⅣ」が低速型「完全自動運転車」を実用化へ

clicccar.com(クリッカー)
位置把握や走行経路作成、走行中の運転判断など、完全自動運転車に必要な機能を実現しており、今後走行実験を経て、再来年をめどに小型モビリティーを活用した移動サービスの事業化を目指しているそうです。 米国では大手自動車会社のみならず、ベンチャー企業による自動運転技術の開発が活発化しています …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
LG電子、自動運転技術を独自開発

LG電子は10日、第4世代移動通信技術のLTEを応用したV2X(車間通信および路車間通信)技術を韓国で初めて開発したと発表した。 V2Xは同士(車間)やと信号などのインフラ(路車間)とをつなぐ通信システム。高度な安全運転や自動運転を可能にする次世代技術として注目されている。 LG電子が開発した「LTE …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
EVには、モーターならではの「走る楽しさ」がある 新型日産リーフの走りに込められた思い

クルマを走らせる楽しさだけでなく、日産は運転の自動化に向けた取り組みも進めている。新型「日産リーフ」は、高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」に加えて、日産として初めて自動駐車機能「プロパイロットパーキング」を搭載した。こうした一連の自動化技術は、「運転する楽しさ」に逆行することにはならないか。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ステアリング操作が可能なシャシーダイナモ、テストコースと実験室の間を埋める (1/2)

こうした現状を踏まえて技術術究を開始したのがDMTS(Driving&Motion Test System)だ。自動車は、ハイブリッドシステムや自動運転など、さまざまな部品が関わる複合化したシステムを操る技術が求められている。シミュレーション技術やCAE活用でシステム設計技術は向上したものの、完成のシステムテストは単体 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
台湾初の自動運転車、彰浜工業区で走行実験

自動車技術のテストなどを行う財団法人、車両研究測試験中心(車両中心)は7日、彰化県鹿港鎮の彰浜工業区で自社開発の自動運転車の路上走行実験を行った。前方障害物認知など各種システムに大きな問題がなく走行を終えたことを受けて、2018年から車両中心の敷地内で自動運転車を… 関連国・地域: 台湾.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
交通死亡事故ワースト1の愛知県 運転する人型ロボット開発に向け実証実験

今後も豊田市内で実証実験が続けられ、ロボットが自分でに乗り込み、目的地まで運転できることを目指すとのことです。 にAI(人工知能)が搭載される自動運転技術が進んでいますが、さらにロボットが運転してくれるとなると、人が運転しない時代がすぐそこに来ているのかもしれません。 愛知県はによる交通死亡事故 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
五輪で商業ベースの無人タクシーを…ZMP 谷口恒 代表取締役社長【インタビュー】

でも、過疎地の自動運転って確かに必要なんですけど、商売ではないんです。社会貢献にはなりますけど、そこからはスタートはできない。これには理由が2つあって、1つはまず、需要が非常に少ないこと。もう1つは技術面です。お台場でやると日本中のデータが取れるんです。フェラーリも走っているしトラックも大型コンテナ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
速度10倍、電力100分の1…AI半導体開発

政府は、自動運転車やロボットに搭載する人工知能(AI)向け新型半導体の開発支援に乗り出す。 通常より処理速度が速く、消費電力の少ないタイプで、2018年度中に企業や大学の技術者が利用できる開発拠点を設ける。AIの性能を左右するAI用半導体の開発は米IT企業が先行し、世界的に競争が激化しており、官民で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
DeNAのエンジニアが「ゲーム」から「自動車」事業に異動して活躍できるワケ

例えば、カーシェアが普及すると同時に自動運転技術が発展する未来を、小林さんはイメージする。ユーザーが仕事に行っている間、駐車場に止めたクルマを他のユーザーが借りたいとき、クルマが無人で借りたい人の場所まで出向き、ニーズを満たして戻ってくる――そんなサービスも「現実的にできなくはない」(小林さん)。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
自動運転の技術を習得する意義とは

本講座で講師を務める二宮芳樹氏(名古屋大学 未来社会創造機構知能化モビリティ研究部門 特任教授)に、自動運転技術を習得する意義や、理解を深める上でのポイントなどについて聞いた。(聞き手は、田中直樹). ――自動運転の技術を習得する意義は。 自動運転は、自動車、ロボット、人工知能、ヒューマンファクタ-、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
名古屋大学発のベンチャー「TierⅣ」が低速型「完全自動運転車」を実用化へ

clicccar.com(クリッカー)
名古屋大学発のベンチャー「TierⅣ(ティアフォー)」が、米国の半導体大手「NVIDIA(エヌビディア)」との業務提携により、自動運転式小型EV「Milee(マイリー)」を開発、市街地や中山間地域での実用化を目指し、来春から愛知県内で実証実験を始めるそうです。 「TierⅣ」は2015年12月に名古屋大学准教授だった現・東京大学 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
高精度地図分野での企業間コラボレーションが進む

自動運転の実用化に欠かせない「高精度地図」を巡る企業間のコラボレーションがあちこちで始まっている。まず自動車サプライヤー大手であるボッシュがパイオニアの子会社であるマッププロバイダー、インクリメントPと提携。数センチ以下の誤差で自位置を把握できるボッシュ・ロード・シグネチャーの実用化を進めるボッシュ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【特集】<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」1位にアクセル

11日の東京株式市場で、アクセルの株価は前週末終値の902円を挟んで小幅な値動きとなっている。8日付の日刊工業新聞で「名古屋大学発ベンチャーのティアフォー(名古屋市中村区)は、米半導体大手のエヌビディアと業務提携し、完全自動運転の小型電気自動車(EV)を開発した」と報じられ、ティアフォーと自動運転に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です