ニュース
自動運転車では「タイヤ」も進化!路面状況に合わせて「トレッド」が変化

clicccar.com(クリッカー)
例えばタイヤのゴムが路面上の水を感知すると軟らかい材料に変化、タイヤが路面の凹凸に密着することで、人が運転しない自動運転車などでも安全に走れるようになると … このように自動運転技術の開発が加速するなか、唯一路面と接触している重要部品「タイヤ」についても、着々と進化に向けた準備が進んでいるようです。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
未来の、最新技術一堂に 大阪モーターショー開幕

国内外のメーカーが最新技術を駆使した未来のエコカーや新型のスポーツカー、バイクを出展。32のブランドから約350台が会場に勢ぞろいし、11日まで開かれる。 国内からはトヨタ自動車やホンダなどが参加し、人工知能(AI)を搭載した自動運転車や電気自動車(EV)の試作を公開した。 トヨタはAIが運転手と対話したり、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「ハンドルもペダルもない」完全自動運転EV、来春実証へ

ハンドルやアクセルペダルなどのない完全自動運転車の開発は国内初とみられる。 … と資本提携するヤマハ発動機の電動ゴルフカートをベースにし、車体には3次元(3D)プリンターを使った受託製造サービスのカブク(東京都新宿区)の技術を活用した。 … 完全自動運転車を巡っては市販を改造したの公道実験が進む。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産がカーシェアサービスに本格進出 「リーフ」など電動でファン獲得

若者のクルマ離れが指摘される中、電動の走りや先端技術を知ってもらい、ファン拡大につなげる。 サービスは日産系の販売店やレンタカーを扱う店舗などに設けるステーションで提供。当面は1カ所当たり1台、最上位グレードを用意する。リーフを置く拠点には充電器を設置し、自動運転技術などをアピール。対象車種は順次 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【イベント プレビュー&レビュー】「第1回 自動運転EXPO」

見どころには、レベル4の自動運転システムなどが挙げられる。 会期中は最新の業界動向が学べるセミナーも併催する。業界の第一線で活躍する講師の講演が予定されている。 このほかに「第10回[国際]カーエレクトロニクス技術展~カーエレJAPAN~」「第8回 クルマの軽量化 技術展」など5つの構成展を連動させ、来場者 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
テスラ、自動運転向け半導体を自前でも開発

自動運転の試作向けでは圧倒的シェアを誇る米画像処理半導体(GPU)大手エヌビディアへの依存を軽減する狙いがあるとみられる。 … テスラは米アップルや米半導体大手アドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)で実績を上げた著名技術者のジム・ケラー氏を引き抜き、AMDから人材を集めていた。 極端に短い納期とコスト …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダが年明けのCESでコンセプトロボット

このほか、シリコンバレーを中心にスタートアップ企業と取り組むオープンイノベーションの技術なども紹介する。 具体的には、ドライバーの精神状態を把握し、自動運転時のドライビングスタイルを最適化する技術や、自動運転車に、高精細マップとリアルタイムの高精度位置情報を提供する技術、コネクテッドカー向けの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ソニーが実証実験を進める「SC-1」とは、どんな「クルマ」なのか?

運転者にトラブルがあった場合なども、車外から安全に操作することが可能なのだ。さらに自動運転に対応させるため、2次元のLiDARや超音波センサーも搭載し、映像認識技術やクラウドとの連携によって、完全自動運転のノウハウを蓄積することが期待されている。 2代目車両に導入されたもう一つの機能は、AIを利用した …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「2017年超モノづくり大賞」の贈賞式、記念シンポなど開催ーモノづくり日本会議

2008―13年に、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のプロジェクトで「大型トラックの自動運転・隊列走行」を実施した。このプロジェクトは学術研究の意味合いが強かったこともあり、技術的には成功したが、実用化には至らなかった。実用化段階になると、プラットフォームや車両を誰がつくるのかといったことや、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
未来の車、最新技術一堂に 大阪モーターショー開幕

国内からはトヨタ自動車やホンダなどが参加し、人工知能(AI)を搭載した自動運転車や電気自動車(EV)の試作車を公開した。 トヨタはAIが運転手と対話したり、感情を読み取ったりする試作車「Concept 愛i(コンセプト・アイ)」を出展。中でも高齢者や車いすの利用者を想定したモデルは、目的地や途中経路の施設のバリア …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
「ハンドルもペダルもない」完全自動運転EV、来春実証へ

名古屋大学発ベンチャーのティアフォー(名古屋市中村区、武田一哉社長)は、米半導体大手のエヌビディアと業務提携し、完全自動運転の小型電気自動車(EV)を開発した。ハンドルやアクセルペダルなどのない完全自動運転車の開発は国内初とみられる。市街地や中山間地域での近距離移動を目的とする。実用化を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です