ニュース
日本の自動車メーカーが生き残る道は、ある

ほかにもドローンで人間を運べるようになったり、まで造れる3Dプリンタが出現したり、ビットコインが実用化レベルに達したり、ヒッグス粒子やiPS細胞が …. 次に、自動運転。これは技術的にはすでに十分可能だ。むしろその実現は技術より、各国の道路行政に負うところが大きい。日本とアメリカであれば、明らかに日本の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ドローンに自動運転車、そして殺人ロボット兵器…ターミネーターの世界に以前より「未来」感じず

ボタン1つで前のに追随する自動運転車も、GPS(全地球測位システム)を使って無人で農作業をするトラクターもすでに販売されている時代である。 先月、ジュネーブで「殺人ロボット兵器」の規制をめぐる初の国連公式専門家会議が開かれた。AIを持ち、人間の意思を介在せず敵を自律的に殺傷する兵器のことだ。技術は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産とDeNA協働のロボットタクシーサービス「Easy Ride」の公道実験を2018年3月に実施予定!一般 …

先日、日産の自動運転技術「プロパイロット」の新たな実験について紹介したばかりだが、その日産がどうやら2018年3月に新たな実験を予定しているようだ。それが、ロボット … 試験で使われるの精度は、プロパイロットを搭載したモデルよりもさらに上をいっているようなので、どのような結果が得られるか大変楽しみだ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
サーキットで速いだけの「タイプR」に価値はない! シビック タイプR開発者が激白

そう考えるに至った背景には、時代の変化も大きいと語る。 「自動運転技術もどんどん進んでいます。走る楽しさや操る喜びは、いずれ消えてしまうんでしょうか。私はそうなってほしくないし、途絶えさせるべきではないと思っています。だからこそタイプRは、もっともっと色々な人たちが楽しめるクルマじゃなきゃいけない」.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です