ニュース
AI搭載自動運転車、EV、SUV…未来の、最新技術一堂に-大阪モーターショー開幕

西日本最大級の自動車展示会「大阪モーターショー」が8日、大阪市住之江区のインテックス大阪で開幕した。国内外のメーカーが最新技術を駆使した未来のエコカーや新型のスポーツカー、バイクを出展。約30のブランドから300台以上が会場に勢ぞろいし、11日まで開かれる。 国内からはトヨタ自動車やホンダなどが参加 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日立グループの自動運転技術、コスト抑えてレベル3を実現へ

センサーコストの上昇を抑えながら2020年以降に、SAE(米自動車技術会)が定める「レベル3」の自動運転の実現を目指す──。日立オートモティブシステムズが十勝 … 同社が技術試乗会で公開した実験は、日産自動車「フーガ」のハイブリッド(HEV)をベースに開発したものである。センサーの構成を見ると、フロント …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
CMOS技術で小さく低コストに、長距離から短距離まで検知

CMOS技術を適用したチップの登場によって、自動運転などで使う77GHz帯ミリ波レーダーの小型化、低コスト化が進む。長距離検知だけでなく、車両周辺の短距離検知にも適用できる。米Texas Instruments(TI)社が、同レーダーの最新動向や今後の進化の方向性などを解説する。 (本誌). 先行追従(ACC)などの快適な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転にらみタイヤも進化 水を感知して性能変化 住友ゴム新技術

住友ゴム工業は7日、路面上の水や温度を自ら感知して性能を切り替えられる自動車用タイヤを2023年を目標に開発すると発表した。将来的に自動運転車の普及などが進むと、タイヤのメンテナンスや性能に気を配る運転手が減る可能性を踏まえ、路面の状態を気にせず走行できるようにする。競合タイヤメーカーも自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産、自動運転の公道実験、高精度地図使うも低速域に課題

日産自動車が2020年の実用化を目指す自動運転実験の公道試験を都内で始めた(図1)。「Infiniti Q50(日本名:スカイライン)」をベースとした車両で、自動運転技術「プロパイロット」の新世代版を搭載する。カー・ナビゲーション・システムを設定すると目的地まで、一般道と高速道路を含むルートを自動運転で走行する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自律走行、ついに悪天候の街へ 実用化に向け、Waymoが厳しい条件下のテストを加速

自律走行が悪天候に非常に苦労する理由を理解するため、まずはセンサーについて見てみよう。現在、自動運転技術をテストしている会社のほとんどが、レーダーとLiDAR(ライダー=光検出と測距の頭文字)と呼ばれるレーザースキャナー、それとカメラを組み合わせて使っている。レーダーは悪天候でもよく機能する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転、冬道で実証実験…10日から大樹

過疎化や高齢化が進む中山間地域で交通手段を確保するため、人が運転しない自動運転車で住民や商品を運ぶ実証実験が10日、大樹町で始まる。 … 道産業振興課は「自動運転技術開発を支援し、国や企業の実証事業を集積することで、道内経済の活性化や道が抱える高齢化社会への対応につなげたい」としている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転、電気自動車 大阪モーターショー

世界中の自動車メーカーが最新技術を披露する第10回大阪モーターショーが8日、開幕した。今回の目玉は、「電気自動車」への転換。自動運転などの新しい技術に注目が集まる一方、次世代エコカーの本命として、開発競争が過熱しているのが電気自動車だ。背景には、世界各国で進む環境規制の強化がある。フランスや …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米EV業界で注目される「中韓」部品供給企業の存在感

ガソリンで圧倒的な加速力を誇る英マクラーレンを凌駕(りょうが)している。1回の充電で1000キロ弱の走行が可能だ。トラックはスタイリッシュで近未来的なデザインが目を引く。貨物を運搬するのに十分なトルク(タイヤを回す力)があり、上位クラスは1回の充電で500マイル(約800キロ)走行する。 米グーグルの自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
近未来の自動車、国内外から大阪に集結

Lmaga.jp(京阪神エルマガジン社)
BMW、マセラティ、ジープといった輸入やハーレーダビッドソンなど二輪車も終結。来場者は、「かっこいいなあ」「すごいな」と思い思いに座席に座ったりパネルを操作し、会場は熱気にあふれた。 各社のグッズがもらえるゲームや自衛隊の高機動試乗と合わせた迷彩服試着をはじめ、9日にはレーシングドライバー・佐藤琢磨 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
タチエス、人工知能型ビジネスアプリケーション「HUE®」へバージョンアップ~業務効率化により年間 …

タチエスは、多くの自動車メーカーへシートを供給している自動車シート製造企業です。30年前から海外に進出し、現在では海外売上比率は約6割を占めます。国内外合わせて67拠点に展開しており、海外市場を中心に開拓・販路拡大に積極的に挑戦しています。こうした中で、タチエスは事業成長を支えるグローバル一体となっ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アリババとフォードが提携–自動車業界で新たな機会を探る

両社は、モビリティサービス、人工知能(AI)、デジタルマーケティングなど、さまざまな重点分野で協業する。 手始めに、先行販売や試乗、ローンのオプションなど、自動車所有のサイクル全体を通じて新たな小売りの機会を評価する試験的調査を実施する。流通戦略やクラウドの接続性、オンライン小売マーケティングのほか、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
近未来の自動車、国内外から大阪に集結

Lmaga.jp(京阪神エルマガジン社)
開会式で堀内俊樹実行委員長は、「各メーカーから自動運転車、AI技術搭載車、EVなどの近未来車が出展。合わせて、イベントも多数用意しています」と挨拶。国産車のなかでもトヨタ、ホンダ、日産などは、人工知能(AI)を搭載した自動運転車や電気自動車(EV)に力を入れており、見どころのひとつだ。 BMWのハイブリッド・ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
AI搭載自動運転車、EV、SUV…未来の車、最新技術一堂に-大阪モーターショー開幕

国内からはトヨタ自動車やホンダなどが参加し、人工知能(AI)を搭載した自動運転車や電気自動車(EV)の試作車を公開。米EVメーカー、テスラのスポーツタイプ多目的車(SUV)をはじめ、東京モーターショーには出展されなかった輸入ブランドの最新モデルも見られる。 10回目の開催を記念し、親子で楽しめるミニ四駆レース …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
大阪モーターショー開催 車と対話など時代先取りする試作車が一堂に会す

大阪市で8日開幕した西日本最大級の自動車展示会「大阪モーターショー」には、人工知能(AI)がバリアフリー情報を提供する自動運転車など、国内外から最新技術を積んだ車が一堂に会した。新型の電気自動車(EV)やスポーツカーのほか、時代を先取りするアイデアを結集させた試作車が並び、高齢者にも優しい未来の車 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダ、香港企業とAI共同研究開発

… の本田技術研究所(埼玉県和光市)が、香港のセンスタイム・グループ(商湯集団)と、人工知能(AI)技術に関する共同研究開発の契約を締結したと発表した。期間は5年間。交通事故ゼロ社会の実現に向けた自動運転技術の確立を目指す取り組みの一環… 関連国・地域: 香港/日本. 関連業種: 自動車・二輪車/IT・通信.
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
アクセルがストップ高気配、協業先が完全自動運転車開発で思惑

名古屋大学発のベンチャー企業、ティアフォーが米半導体大手のエヌビディアと業務提携し、完全自動運転の小型電気自動車を開発したと一部で伝えられたことが買い人気化のきっかけとなった。 当社は今年5月にティアフォーと自動運転に最適な専用システムに関する研究開発を共同で推進していくことで合意しており、今回 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フォード、EV生産地をメキシコへ 米では自動運転車のライン増

フォードは米ライドシェア大手リフトと自動運転車の配車で、米ドミノ・ピザとは自動運転による配達で提携している。自動運転の需要が想定より大きいとみてラインを増やす。 フォードの生産計画は政治や経営陣交代に翻弄され、昨年末から二転三転している。米トランプ政権からの圧力で18年から小型車を生産するはずの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
香港AI企業と提携 自動運転で共同研究

香港AI企業と提携 自動運転で共同研究. 毎日新聞 2017年12 … ホンダは7日、香港の人工知能(AI)ベンチャー「センスタイム」と自動運転技術の共同研究開発契約を結んだと発表した。期間は5年間。人やの動きを認識・予測して次の行動を決めるのに必要なAI技術を共同開発、より高度な自動運転技術の実用化を急ぐ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【市況】10時35分時点の日経平均は206円高、完全自動運転車の開発報道受けアクセルなどに物色

名古屋大学発ベンチャーのティアフォーが、米半導体大手のエヌビディアと業務提携し、完全自動運転の小型電気自動車を開発したと報じられている。これを受け同社と自動運転に最適な専用システムLSIに関する研究開発で協業を行っているアクセル<6730>や、新興市場では同社に出資しているアイサンテクノ<4667>などに …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
STキネ、自律走行の試験で米社と提携

試験の内容は、ブレーキの制動距離や障害物の回避、さまざまな道路・天候の条件下での走行性能など、機能面、安全面の双方を網羅する予定。 まずは陸上交通庁(LTA)が導入を計画する自動運転バスや、観光地セントーサ島内のオンデマンドシャトルの試験に用いる方針。さらに自律走行可能なフォークリフトやロボット …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
<動意株・8日>(前引け)=理研グリーン、アクセル、DDS

きょう付の日刊工業新聞で「名古屋大学発ベンチャーのティアフォー(名古屋市中村区)は、米半導体大手のエヌビディアと業務提携し、完全自動運転の小型電気 … 記事によると、開発したEVは、ハンドルやアクセルペダルなどのない完全自動運転車で、同タイプの開発は国内初とみられるという。18年春以降に愛知県内で …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米EV業界で注目される「中韓」部品供給企業の存在感

ガソリンで圧倒的な加速力を誇る英マクラーレンを凌駕(りょうが)している。1回の充電で1000キロ弱の走行が可能だ。トラックはスタイリッシュで近未来的なデザインが目を引く。貨物を運搬するのに十分なトルク(タイヤを回す力)があり、上位クラスは1回の充電で500マイル(約800キロ)走行する。 米グーグルの自動運転 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【材料】アクセル—急伸し一時上昇率トップ、ティアフォー関連銘柄として物色

アクセル<6730>は急伸し一時上昇率トップ。名古屋大学発ベンチャーのティアフォーが、米半導体大手のエヌビディアと業務提携し、完全自動運転の小型電気自動車を開発したと報じられている。ハンドルやアクセルペダルなどのない完全自動運転車の開発は国内初とみられている。同社はティアフォーと自動運転に最適な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【材料】注目銘柄ダイジェスト(前場):アクセル、ミクシィ、インフォテリアなど

名古屋大学発ベンチャーのティアフォーが、米半導体大手のエヌビディアと業務提携し、完全自動運転の小型電気自動車を開発したと報じられている。ハンドルやアクセルペダルなどのない完全自動運転車の開発は国内初とみられている。同社はティアフォーと自動運転に最適な専用システムLSIに関する研究開発で協業して …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です