ニュース
ホンダ 自動運転の画像認識 香港のIT企業と共同開発

大手自動車メ-カーのホンダは、人やの動きが複雑な市街地での自動運転の実用化に向けて、AI=人工知能の技術に強みを持つ香港のIT企業と共同で画像認識などの … 発表によりますと、ホンダは香港のIT企業、センスタイムと今後5年間、自動運転に欠かせない画像認識などの技術を共同開発することで合意しました。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
BlackBerry、コネクテッド・カーと自動運転車のセキュリティに関する枠組みを発表

サイバーセキュリティ・ソフトウェアを提供するカナダのBlackBerry Limitedは、コネクテッド・カーと自動運転車をサイバー攻撃から保護するために求められる枠組みを発表した。 最新技術とコネクティビティが自動車に実装されることで運転体験が向上する一方、自動車メーカーは解決すべきサイバーセキュリティに関する複雑な …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
《経済》 自動運転の公共交通 実証実験始まる

自動運転技術を活用したサービスを開発するSBドライブ(東京)と浜松市、スズキ、遠州鉄道は、自動で走るが地域の公共交通機関として住民の生活を支える未来を想定し、西区庄内地区で実証実験を始める。路線バスのように決まったルートを走る軽自動車を七日から十九日まで運行し、住民に利用してもらいながら課題を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ヤマハ発、CES初出展 AI搭載2輪など公開

人工知能(AI)搭載2輪や飛行ロボット(ドローン)、近距離移動を想定した自動運転技術を発信。分野の垣根を超えたパートナー探しや、オープンイノベーションによる技術革新と事業創出を目指す。 自動運転サービスの実現を目指す電動4輪モビリティ「06GEN=写真」は、路面画像認識によって自位置を確認。クラウド技術 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウーバーの日本市場攻略が行き詰まったワケ

自家用で乗客を運ぶライドシェア(相乗り)の世界最大手、ウーバー・テクノロジーズが日本市場での方向転換を決めた。11月下旬、ウーバーのアジア事業を … その後もセクハラ問題やグーグル傘下で自動運転技術を開発するウェイモとの裁判ざたが続く。6月には責任をとって創業者カラニック氏がCEOを辞任する事態に …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日産とDeNAの配車サービスが一般向け実証実験、無人運転車投入は次のフェーズで

実証実験には一般のモニターに参加してもらい、2018年3月5~18日の2週間で実施する。車両は電気自動車「リーフ」の先代モデルをベースとした自動運転車で、運転席には人が座る。走行するのは、あらかじめ設定されたルートとなる。モニターは、スマートフォンのアプリを通じて行きたい場所の設定や配車の予約を行う。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
進む世界のEVシフト「トヨタが中国メーカーに追い抜かれる日」

電気自動車(EV)や自動運転の開発競争が世界的に激化し、中国企業は巨大市場を背に急成長中だ。世界を席巻 … 業績が安定しているトヨタグループの株価は、トヨタから1千円引くと豊田自動織機、2千円引くとデンソーといった相場観があった。それが … いずれもトヨタが得意なハイブリッド(HV)の技術から転用できる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【岩貞るみこの人道医】これ以上の「音」は無理なんですけれど? クルマの警告音を考える

すでにおなかいっぱいな状況であるにもかかわらず、自動運転の未来に向けて現在も、さまざまな運転支援技術の開発が続けられている。そして、開発者に話を聞くと、ほぼ全員が口をそろえて「コーション(注意喚起)もアラーム(警告)も、音!」と言っている。ちょっと待った。このまま単に上乗せされても私、もう、無理なんです …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
3D CADによるクルマと飛行機の設計・製作の支援(2)

前回から、乗り物(ヴィークル)を動かす過程ではなく、生み出す過程において情報通信技術が大活躍しているという話を取り上げている。今回は、クルマと飛行機を題材に、CAD/CAMの使われ方、3Dモデリング、自動運転について紹介しよう。執筆にあたっては、3D CADを提供しているダッソー・システムズに協力いただいた。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動走行し、空きスペースに自動駐車

自動運転やカーシェアリングなど、自動車の利用方法が大きく変わろうとしている中、これらの変化に先んじて技術開発を行うため、安心・安全分野の先端技術開発を … 自動バレー駐車とは、大規模駐車場にて車両が自動走行し、空きスペースに自動駐車するしくみであり、同社は上記共同研究と協業を含む活動の一環として、 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
日本は潮流を生み出す先駆者だ! 自動車業界の覇権を握りつつある日本=中国

中国メーカーの自動車も近年は質の向上が見られるようになってきているのは事実で、中国で人気となっているSUV市場では販売が好調な中国車も存在する。 … また、人工知能を搭載したトヨタのコンセプトカー「Concept-i」などの存在を挙げたうえで、機能と美しさを兼ね備えた物作りは日本の工業デザインの最大の特徴だ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
車の進化を体感 大阪モーターショー8日開幕

西日本最大級の自動車展示会「第10回大阪モーターショー」(日本自動車販売協会連合会大阪府支部、日本自動車輸入組合、読売新聞大阪本社などの実行委員会主催)が8日、大阪市住之江区のインテックス大阪で開幕する。 国内外の32ブランドが出展する。人工知能(AI)を搭載した自動運転車や電気自動車(EV)の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ダッシュボードで注文・予約 GM、電子商取引スタート

車でのECをめぐっては米IT大手アマゾン・コムが来年から米欧で、ドイツ自動車大手BMWに音声を使った人工知能サービスを提供する予定で、自動車メーカーとIT企業が連携したサービスが広がりそうだ。 ロイター通信によると、EC開発に当たり米IT大手IBMと協力。利用者に手数料や通信費はかからず、ECに参加する業者 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ホンダ、自動運転を共同研究 中国のAIベンチャーと

両社の技術を持ち寄り、道路状況に応じてどんなリスクがあるかなどを予測する。安全な停止や回避といった行動がとれる自動運転車を開発する。将来はロボティクスの分野でも提携を拡大する予定だ。 ホンダは2025年をメドに一般道で自動運転技術の確立を目指している。AIでは人間の感情や運転のクセを分析する技術を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です