ニュース
日産とDeNA、一般參加できる自動運転タクシー実験を2018年3月に実施。事前登録受付中

日産自動車とDeNAが、自動運転車両を利用した配車サービスの実証試験を、2018年3月5~18日の期間限定で実施すると発表しました。試験を実施する区域は横浜市みなとみらい … 自動運転技術を使うこの実証試験にわれわれ一般人が参加するには、まず事前登録が必要です。受付はすでに始まっており、2018年1月15 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
運転手いない遠隔型自動運転、14日初の公道実験

愛知県は、運転席にドライバーが乗らない自動運転の実証実験を14日に同県幸田町で行う方針を決めた。警察庁によると、公道で遠隔制御の自動運転車を走らせるのは全国初という。県は、自動運転技術の実用化に向けた一歩とする考えだ。 実験は、3次元地図の作製に強いアイサンテクノロジー(名古屋市)、名古屋大学発 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
“地域限定”群馬大で研究進む 路線バスや駐車場、生活圏内のニーズに対応 /群馬

今月2日、前橋市荒牧町の群馬大で開かれた、自動運転技術に関するシンポジウム。群馬大の … 自動運転の研究は、大学や自動車メーカー、IT企業などが取り組んでいる。小木津氏によると、自動車メーカーが進めているのは主に、前橋や東京、北海道など全国のどこでも機能する自動運転技術の研究。しかし、地域 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【インタビュー】“空気を読む”AIを目指す…ホンダ AI研究開発グループ 安井裕司氏

自動運転の実現に向けたAI技術を読み解くため、業界のキーパーソンに各社の取り組みについて話を聞いた。第1回目となる今回は、本田技術研究所 四輪R&Dセンター 統合制御開発室 ADブロック 自動運転用AI研究開発グループ グループリーダの安井裕司氏。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
米・GMが小型EVによる「完全自動運転」タクシーサービスをニューヨーク市内で実証へ

clicccar.com(クリッカー)
米GMが2019年をめどに、米国の複数の都市で同社製の無人自動運転車を使ったタクシーサービスを開始するそうです。 … 一方、米アリゾナ州フェニックスではGoogle系の「ウェイモ(Waymo)」が同様のサービスを既にスタートさせていますが、GMとしては技術的難易度や需要度がより高い大都市でのサービスを目指してい …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「匠の技」頼みの日本自動車メーカーの危機—— VRでの新車開発でドイツに完敗

シーン」とは映画の場面と同じ意味で、開発段階でクルマのソフトウエアにあらゆるシーンを覚え込ませて、判断できるようにするのだ。 これが完全自動運転のレベルになると、億単位のシーンを想定しなければならなくなる。とても実車を使った開発は到底無理だ。もし、VRを使わなければ技術完成までに100万年かかるといった …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
オン・セミコンダクター、車両の電動化などに向けた事業戦略記者説明会

オン・セミコンダクターは12月5日、自動車向けソリューションを中心とした同社の事業戦略についての説明会を開催した。 同社は半導体技術を使いながら、自動車の電装化や自動運転、ロボット化する産業機器、IoTを牽引する通信などの分野に注力してビジネスを展開している企業。 説明会にはオン・セミコンダクター …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【高論卓説】欧米で過熱化する「自動車2.0」 (1/2ページ)

11月末の米サンフランシスコには、ゼネラル・モーターズ(GM)の「インベスターズ・ディ」に世界の投資家が集結した。同社の成長戦略の要である自動運転技術のお披露目やビジネスモデルの発表に加え、買収した自動運転のソフトウエア開発会社クルーズ・オートメーションが手掛けるレベル4(高度自動運転)の自動運転車の …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
アウディ、AI導入のカメラ開発—レベル3自動運転でも人工知能は必須

アウディが今回発表した単眼カメラは、車両の周囲の状況を正確に把握することを可能にする技術。このカメラは、車両前方約120度の範囲を対象に、解像度1.3メガピクセルの画像を1秒間に15枚撮影する。この画像 … 新型アウディ『A8』が搭載するレベル3の自動運転でも、人工知能が必須のテクノロジーになる、としている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
フォード、中国で50車種投入 25年までに

電気自動車(EV)かハイブリッド(HV)で15車種以上、多目的スポーツ(SUV)で8車種を発売する。19年末までに中国で販売する全ての新車に通信機能を … 中国ネット大手、百度とは自動運転技術を開発しているほか、中国の中堅自動車メーカー、衆泰汽車(浙江省)とはEV合弁を設立し、新工場を建設する計画もある。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
アウディ、AI導入のカメラ開発—レベル3自動運転でも人工知能は必須

アウディ、AI導入のカメラ開発—レベル3自動運転でも人工知能は必須 … アウディは12月4日、米国カリフォルニア州で開幕したNIPS(神経情報処理システム)カンファレンスにおいて、人工知能(AI)を用いて極めて精密な3D環境モデルを構築 … アウディは前回の2016年、自動車メーカーとして初めて、NIPSに参加している。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
GM、電子商取引に参入 車載画面で注文、予約

車でのECを巡っては米IT大手アマゾン・コムが来年から米欧で、ドイツ自動車大手BMWに音声を使った人工知能サービスを提供する予定で、自動車メーカーとIT企業が連携したサービスが広がりそうだ。 ロイター通信によると、EC開発に当たり米IT大手IBMと協力。利用者に手数料や通信費はかからず、ECに参加する業者 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【トップ近況】日本損害保険協会・原典之会長、自動車保険に大きな変化予想「環境整備を一層加速していく」

日本損害保険協会の原典之会長(62)は「今まで以上にフォワードルッキング(先読み)な視点で環境変化に対応することが必要だ」と語る。協会創立100周年を迎え、さらなる業界の発展を目指す。 人工知能(AI)やビッグデータ、自動運転車といった技術の進歩で主力の自動車保険などに大きな変化が予想される。各社が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です