ニュース
GPS衛星「みちびき」使った自動運転の実証実験公開

国家プロジェクトとして進む車両の安全な自動運転の実現に向け、位置情報の精度を誤差数センチまで高める日本版GPS衛星「みちびき」を使って公道で行われている初めての実証実験の … 内閣府の葛巻清吾プログラムディレクターは「高精度な3次元地図は自動運転には不可欠で、日本の技術は他国にも劣っていない。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
クルマ革命> 事故死ゼロへ集中力測定

電気自動車(EV)や自動運転のコンセプトが並ぶ華やかな会場の一角で、健康機器を得意とするオムロン(京都市)が開発した「事故死者ゼロ」を目指す技術が来場者の熱い … 運輸業界で人手不足に伴う運転手の過労が原因となった重大事故が相次ぐ中、オムロンは新開発の技術を運送、バス会社に売り込もうとしている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
保険も「自動運転時代」に先手、不正アクセス救済など登場

自動車保険のコネクテッドカー(つながる)対応が本格化してきた。2017年の東京海上日動火災保険に続き、三井住友海上火災保険、損保ジャパン日本興亜、あいおいニッセイ同和損害保険は18年1月の自動車保険改定で対応、サービスを開始する。テレマティクス技術を使った安全運転へのアドバイスや、不正アクセスで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
世界で一番売れてるEVがフルモデルチェンジ。日産リーフならボタンを押すだけで自動駐車もできる!

自動運転機能である「プロパイロット」への対応は日産としては3車種目だが、長距離移動を圧倒的にラクにしてくれる技術であることは間違いない。特に渋滞時の停止と発進を繰り返すような場面では本当にありがたく感じる。ブレーキを踏んで停止しても、ハンドルのボタン操作で追従状態に復帰可能だ。 そして抜群に良くなっ …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ・プリウスの駆動モーター進化のポイントは「リラクタンストルク」

clicccar.com(クリッカー)
いま自動車業界のトレンドは「EVシフト」と「自動運転」。 … しかし、電動を拡大するためには、まだまだ課題はあります。トヨタが開催した「電動化技術説明会」では、1997年に誕生した初代から現行型まで歴代プリウスの駆動モーターが並べられ、いくつもの課題をクリアすることで進化してきた様を見比べることができました。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です