ニュース
高速道路ではレベル4が走り、駐車場は不要になる――2020年の自動運転と都市のモビリティー

iNEXTの自動運転技術は運転手との協調性に重点を置いているようで、当日流されたコンセプトムービーでは、普段は人間が運転しながらも、テレビ電話中は自動車が代わりに運転したり、運転手を目的地まで届けた後はクルマが自分で帰っていく様子も映されていた。さながらSF映画の世界のようだが、それが実現する日は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車技術のWaymo、一般道路走行距離400万マイル(644万キロ)に到達

Pocket. waymo. Google親会社Alphabetの傘下にある自動運転車開発企業Waymoは、一般道路でのテスト走行距離400万マイル(644万キロ)を達成しました。 … Waymoの自動運転車技術は、一般道路でのテストと、予測できない実際環境のシナリオを想定した私道での実験の組み合わせにより開発が行なわれています。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
動画わかる最新自動運転! 日産が公道テストで魅せた巧みすぎる「高速道路合流」

日産自動車は、2020年以降の実用化を目指した最新の自動運転実験車両での公道テストを開始し、その体験走行会をメディア関係者向けに実施した。実験車両はインフィニティQ50(日本名:スカイライン)をベースとし、そこに新世代のProPILOT技術を搭載。目的地をナビゲーションで設定するだけで、一般道と高速道を含む …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
デジタル地図HERE、独企業を買収…コネクトカーや自動運転車のソフト更新のセキュリティ向上へ

今回の買収は、コネクトカーや自動運転車の無線によるソフト更新を、安全に行うのが狙い。ATSはデータ、ソフトウェア、ファームウェアを安全でコスト効果の高い方法で多くの車両に配信するためのオープンソースおよびオープンスタンダードのOTA(オーバー・ジ・エア)技術に特化した企業。自動車メーカーなどに、その技術を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダとソフトバンク提携 何がスゴイのか「つながる

いまいちピンとこない―――ソフトバンクと、ホンダの子会社の本田技術研究所は今月16日、をインターネットに常時接続する「コネクテッドカー(つながる)」の共同研究で合意したと発表した。ホンダがこの … 確かに、自動運転が実現すれば、つながるが渋滞情報、目的地検索などが情報を収集し、運転してくれます。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
デンソー・NEC、共同出資で車載器開発

デンソーとNECは2016年4月に車載ソフトのシステム基盤開発で共同出資会社を設立し、同12月には自動運転など次世代自動車の開発で提携していた。デンソーは自社で車載通信機器やメーターなどの企画や初期設計をし、NECプラットフォームズに詳細設計や性能評価などを委託していた。企画段階から両社の技術者が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ、役員人事を前倒し 副社長にデンソーの小林氏

高級ブランド「レクサス」部門の加古慈(ちか)チーフエンジニア(50)を生え抜きの女性社員として初めて常務役員に起用する。アフリカに … 自動運転技術の開発や世界的な電気自動車(EV)シフトに備える。従来は4月 … 友山氏も豊田社長に近く、に通信機器を搭載して幅広いサービスを行う事業などを担当。吉田氏は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
シャーシの挙動をラボで再現、計測できるシステム…東陽テクニカが開発

DMTSは、東陽テクニカの「輸入商社からソリューションプロバイダーへ」という成長戦略に基づき、2017年1月に設立された同社の技術研究所の成果物としてリリースされるもので、 … 自動運転車両が、障害物を検知したときに、どのように減速し、どのようにハンドルを切るか、ラボで評価したいというニーズを強く感じている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転車両、山あい走行=富山県南砺市〔地域〕

富山県南砺市の山あいの公道で26日、国土交通省の自動運転車両の実証実験が始まった。全国13カ所で9月から始まっ … 自動運転技術の普及は、人口減少時代の到来を見据えて同省が推進。南砺市では、レーダーと事前測量のデータを基に自動走行する4人乗りの車両を使って実験している。公道での無人車両走行は …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
インフィニティ QX50 新型発表…プロパイロット搭載【ロサンゼルスモーターショー2017】

日産自動車の海外向け高級ブランド、インフィニティは11月28日、米国で開催したロサンゼルスモーターショー2017のプレビューイベントにおいて、新型『QX50』を初公開した。 … 新型QX50には、高速道路の単一車線において、アクセル、ブレーキ、ステアリング操作を自動で制御する自動運転技術「プロパイロット」を搭載。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
トヨタがさらなる体制変更、「生きるか死ぬか」という瀬戸際の戦いに臨む

小木曽氏は、商用車を担当するCVカンパニーのプレジデントをチーフエンジニア兼務で務めることになる。なお、アドヴィックスの社長には、小木曽氏に代わって、トヨタ自動車で専務役員 経理本部本部長を務めた大竹哲也氏が就任する。 また、米国シリコンバレーを拠点にAI(人工知能)など先進技術の開発を進めているToyota …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ車に搭載 LINE開発AIアシスタント「Clova」、その実力とは?

現在、さまざまなジャンルで導入が進む人工知能自動車業界においても、音声を認識し、要求された検索などのタスクを実行する「AIアシスタント」が注目を集めている。2018年からは、「LINE」が開発したAIアシスタント「Clova(クローバ)」とトヨタ自動車による連携もスタート。これにより、一体どんなことが可能になるのだろうか …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
オートモビリティーLAの新興企業トップ10コンペでスイスのWayRayにグランプリ

今年のトップ10新興企業には、自動運転車のソフトウエア・管理ソリューション、人工知能のデベロッパー、自動車相乗りのソフトウエアプロバイダー、電気自動車充電ツールなどを代表する幅広いファイナリストが含まれていた。今年の入賞者には、各社の開発推進を支援する貴重なビジネスツールなど総額20万ドル相当の賞品 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
【電子版】ウェイモ、自動運転公道テスト 走行距離640万キロ超

… 【ロサンゼルス時事】米IT大手グーグルの自動運転部門が分社したウェイモのクラフチック最高経営責任者(CEO)は28日、自動運転車による公道試験の走行距離が累計400万マイル(約640万キロ)を超えたと明らかにした。平均的な米国人が約300年かけて到達する走行距離という。12月1日に一般公開するロサンゼルス …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ホンダとソフトバンク提携 何がスゴイのか「つながる車」

ソフトバンクとホンダは、人工知能(AI)技術を自動車で活用するための共同研究を既に進めている。 両社は2018年度から共同研究を本格的に始める。北海道鷹栖町にある同研究所 … つながる車をめぐっては、トヨタ自動車がNTT、LINEと提携。海外では独フォルクスワーゲン(VW)が韓国のLG電子と提携するなど、国境を …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ホンダとソフトバンク提携 何がスゴイのか「つながる

確かに、自動運転が実現すれば、つながるが渋滞情報、目的地検索などが情報を収集し、運転してくれます。大変便利ですが、ただ、自動運転はまだまだ先の話。それにがネットにつながっていなくても、スマホを車内に持ち込めば、ネットの操作はできます。利用者が、“普通”ののネットをわざわざ使うか、疑問です」
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
デンソー・NEC、共同出資で車載器開発

NECの持つ無線通信やソフト、人工知能(AI)、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」のノウハウを生かし、コネクテッドカーのような次世代を見据えた車載機器の研究 … デンソーとNECは2016年4月に車載ソフトのシステム基盤開発で共同出資会社を設立し、同12月には自動運転など次世代自動車の開発で提携していた。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です