ニュース
自動運転車を地域の足に 進む高齢化社会 各地で実験

全国的に高齢化や過疎が加速し、バスやタクシーなどのドライバー不足も進む中、「自動運転車」への注目が高まっている。兵庫県内でも神戸市や赤穂市で関連する実験が行われ、淡路市でも来春、実施を予定している。国は東京五輪が開かれる2020年までの実現を目指すが、暮らしに身近な存在になるには、安全性や法 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
未来の駐車、室内から 自動運転で入出庫目指す 群馬大、産学で研究

自動運転技術を研究している群馬大は、立体駐車場などの機械式駐車場管理の大手、新明和工業(兵庫県宝塚市)と、自動運転を駐車場から出し入れするシステムの研究開発に取り組む。実現すれば、利用者がマンションの部屋の中からスマートフォンでを出庫させて玄関前で乗車したり、帰宅時に自動で入庫し …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
現代モービス、低コストの自動運転支援 バック簡単に

【ソウル=山田健一】韓国現代自動車グループの中核部品会社、現代モービスは、新型の自動運転支援技術を開発したと発表した。クルマをバックさせる際、運転手がハンドルを握らなくても前進時にたどった道を自動的に逆進してくれるようにした。高価なセンサーを車体に追加することなく、ソフトウエアの改良だけで実現できる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
自動運転技術普及に備え 姫路・日本工科大で講座

将来的な自動運転技術の普及に備え、整備士らが技術の仕組みを学ぶ講座が24日、兵庫県姫路市兼田の日本工科大学校であった。自動運転の研究に取り組む群馬大学の小木津武樹准教授が「無人運転を2020年度に商用化したい」と話した。 県内の整備士や同大学校の学生ら約30人が参加。 同准教授によると、自動 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
リズム時計、車載カメラ部品増産

リズム時計工業は自動運転車の普及で需要が拡大する車載カメラ部品などを増産する。約28億円を投じて子会社の東北リズム(福島県会津若松市)に新たな工場棟を建設し、生産能力をほぼ2倍に引き上げる。時計部品などの製造で培った精密加工技術を生かして2014年に車載カメラ部品に参入しており、受注が伸びている …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ジェイテクト、秋田にIT開発センター

ジェイテクトは24日、秋田市に自動車部品のソフトウエア開発を担う「ジェイテクトIT開発センター秋田」を開いた。自動運転などの次世代開発を巡っては自動車や電機、IT(情報技術)業界で人材の奪い合いとなっている。ジェイテクトは自治体が地元での就業機会の創出に熱心で、IT人材の層も厚い秋田県に着目した。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
アスクメルセデス…メルセデスが AI による自動会話サービス導入

メルセデスベンツは11月22日、人工知能(AI)によるチャットボット(自動会話)サービス、「アスクメルセデス」(Ask Mercedes)を開始すると発表した。 アスクメルセデスは、顧客からのメルセデスベンツ車の操作や機能などに関する質問に、リアルタイムで回答してくれるもの。たとえば、「センターコンソールのこのボタンは何ですか …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です