ニュース
ボルボ 数万台規模の自動運転対応をウーバーに販売することに合意

このベース車両には、ウーバーが独自の自動運転テクノロジーを追加する際に必要なさまざまな安全技術、システムの多重化技術、および中核技術が組み込まれている。 「ボルボとのパートナーシップの拡大に対して非常に興奮しています。今回の新たな合意は、自動運転車両の大量生産への道を開くことになります」と …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
官民一体で「自動運転」開発の中国がグーグルを超える日

しかし、様々な問題があるにせよ、自動運転分野での中国の成長は確実だというのがアナリストらの見方だ。「中国政府は他の国に比べ、強力な意思決定力と実行力がある」と上海交通大学のYang Ming教授は述べる。「国内で築き上げたテクノロジーと政府の支援により、中国の自動運転の実用化が進むことは確実だ」とMing …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
ボルボ 数万台規模の自動運転対応をウーバーに販売することに合意

2017年11月21日、ボルボ・カーズは、アメリカのライドシェアサービス企業のウーバー(Uber)テクノロジーズへ、2019年から2021年までに数万台の自動運転対応のベース車両を … 今回の新たな合意は、自動運転車両の大量生産への道を開くことになります」とウーバー自動車提携部門トップのジェフ・ミラー氏は語っている。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
官民一体で「自動運転」開発の中国がグーグルを超える日

ここから予測できるのは、中国では2025年までに自動運転機能を持つ車両や関連サービスの市場が1140億ドル(約13兆円)規模に成長することだ。調査企業86 Researchはバイドゥが、自動運転関連 … 提携パートナーにはダイムラーやエヌビディアらも含まれている。バイドゥは自社の技術を提供する見返りに、企業から走行 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です