ニュース
アップルの研究者、自動運転の新しい物体検知技術をネットで公開

自動運転車は周囲を認識する際、通常の二次元カメラと、光により奥行きを検知するセンサー技術「LiDAR(ライダー)」(光による検知と測距、Light Detection and Rangingの略)とを組み合わせて利用していることが多い。これらの機能が奥行きに関する情報を供給する際、解像度が低いと、リアルタイムでつながっている通常 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
誰も「自動運転」を正確に定義できない 自動運転機能の多様化が生む混乱

独立系シンクタンクEno Center for Transportationの政策アナリストであるグレッグ・ロジャースは、「日常的には『自動化されたクルマ』『自動運転車』『自律走行』 …. ライマーは「運転の自動化には、技術が人間をサポートできるようにどうやってそれを開発していくかという、エンジニアリングというよりはむしろ行動学的な側面が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
12月に都内初、公道で自動運転車実証実験 公共交通充実の杉並区なぜ協力?

昨今、自動車産業に新たな技術革新の波が押し寄せています。特に、高齢化・人口減少時代を迎えて注目されているのが自動運転技術です。 高齢者になると、どうしても判断能力や反射神経が衰えてしまうため、不慮の交通事故を起こしやすくなります。そのため、免許を自主返納する高齢者もいます。そうした動きが広まる …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
Volvo、Uberに自動運転用のベース車両を数万台規模で供給

Uber社は供給されたベース車両に独自の自動運転システムを組み込む。ベース車両は、この自動運転システムを追加するために必要なコア技術と、安全性や冗長性を備えている。 Volvo社は、Uber社の自動運転車とは別に、同じベース車両を用いて独自の自動運転システムの開発を進めている。この自動運転車は、2021年 …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
日中経済協会 中国政府幹部と次世代自動車めぐり意見交換

中国を訪れている日本の経済界の訪問団は22日、中国政府の幹部と会談し、世界の自動車メーカーが次世代のとして開発を進めている自動運転車技術 … この中では、自動ブレーキなど交通事故の防止も期待される自動運転技術や、インターネットと接続するコネクテッドカーなど、次世代の自動車をめぐって意見が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
積雪時の自動運転は電磁誘導線や磁石を読み取れるか—実証実験へ

国土交通省は、道の駅「かみこあに」(秋田県北秋田郡上小阿仁村)で、路面積雪時の電磁誘導線や磁石の読み取り性能を検証する自動運転サービスの実証実験を12月3日から開始すると発表した … 今回の実験では、路面積雪時の走行における埋設された電磁誘導線や磁石の読み取り性能など、路連携技術を検証する。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
パナソニックが自動運転車両走行の実証実験を開始

パナソニックは、これまで社内の車両試験場(神奈川県横浜市)や京阪奈地区構内(京都府相楽郡精華町)、門真地区構内(大阪府門真市)で検証を重ねてきた自動運転技術を用いて、今回初めて公道に準じる環境で自動運転走行システムの検証と、自動運転EVコミューターの実用化に向けた有効活用の検証も行う。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
高機能除雪開発へ 国交省 作業員の高齢化で省力化図る

位置情報の精度などの課題を検証し、数年内の実用化を目指す。将来的には自動ブレーキなどの自動運転技術を搭載することを検討している。 除雪の操作には、積雪で見えにくい障害物の回避など熟練した技術が必要となる。しかし除雪の作業員のうち、61歳以上の人の割合が1998年の3%から、2015年には19%まで …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
12月3日から自動運転実験 徳島・三好、モニター募集 2017/11/22 09:54

12月3日から自動運転実験 徳島・三好、モニター募集 国土交通省四国地方整備局は21日、三好市西祖谷山村で計画している自動運転実証実験を12月3~9日に行うと発表した。乗車を希望するモニター100人を募る。 実験に用いるのは、自動運転技術開発を手掛けるアイサンテクノロジー(名古屋市)がトヨタの …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
「完全自動駐車」技術、日立3社が開発 実用化は20年代前半

日立製作所は専用駐車場で完全自動走行し駐車する「自動バレーパーキングシステム」の基本技術を開発した。管制センターとが遠隔から無線で必要な情報をやりとりし、安全な自動駐車を実現する。日立が得意とする情報通信技術や鉄道向け運行制御技術を応用した。2020年代前半の実用化を目指す。運転手の操作が …
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ニュース
百度の李彦宏会長兼CEO、自動運転バスが計画前倒しで2018年には量産に

検索エンジン百度の李彦宏会長兼CEOは16日、「バイドゥ・ワールド・コングレス2017」で人工知能(AI)分野の最新動向について、「百度自動運転車の量産化計画 … そして、この歴史的任務を担うことになるのが、来年7月末に百度とバス車両メーカーの金龍客車が提携して生産する自動運転小型バス「阿波龍(アポロ)」だ。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です