「最初の“ひと転がり”を担う」 パナソニックのR&Dトップ、新部門後押し

事業部門が体験していない技術を事業化するには、少なくとも最初の“ひと転がり”を本社研究部門が主体 … 自動運転技術の開発は、どのレベルを目指しますか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です