Googleの子会社Waymo(ウェイモ)は自動運転自動車を手がけている。
その米国特許を調べてみたら、300件を超えた。
2010年から出願が始まっていて、開発時期が2010年だったようだ。
AI技術が盛り上がる時期と同期する。
そのAI技術は、自動車適用が一番進んでいるように思う。
自動運転という人の操作と連携する自動運転は、難しい。
ぶつかる相手が人の操作なので、予測ができない体。
工場のアームロボットは、そこに人がいないので、予測不能な事象は起きにくい。
なので、AI技術を進化させるのが、自動運転自動車と思う。
その技術がこの300件超のWaymo特許に現れているのではと思う。
別途、特許の中身を見ていこうと思う。
——————————————————————————————
seesaa_profile_icon動向調査の専門サイト

このサイトは、「自動運転」「家電」を中心としたヒット商品・将来商品の情報を満載。

 

・「ニュース」のリンク集。

・プチ分析の「本ブログ」の一覧。

 など

研究開発(R&D)の戦略立案にお役立てください。

 

——————————————————————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です