自動運転で一大勢力を築いたインテル、自動車事業に注力する背景は (ニフティニュース)

自動運転で一大勢力を築いたインテル、自動車事業に注力する背景は

インテルは2016年に自動運転事業本部を立ち上げ、2017年1月にはIntel GOを発表した。3月には、単眼カメラと画像処理半導体による衝突防止システムで実績 …

インタビュー:日産・ルノー、10年以内に無人の自動運転配車を開始 (ロイター)

インタビュー:日産・ルノー、10年以内に無人の自動運転配車を開始

PA)は向こう10年以内に無人の自動運転車によるライドシェア(相乗り)などの配車 … サービスの技術担当役員であるオギ・レドジク氏が22日、ロイターとのインタビューで … レドジク氏は、電気自動車(EV)をベースにしたライドシェアのような自動運転 …

「高度自動運転」の技術指針作りで日本がリーダーシップ! (clicccar.com(クリッカー))

「高度自動運転」の技術指針作りで日本がリーダーシップ!

clicccar.com(クリッカー)
昨年11月、国交省が省内に自動運転戦略本部を設置。今年2月には政府が自動運転車による公道走行実験を可能にすべく、道路運送車両法に基づく保安基準を …

コンチネンタル、最新自動運転技術を発表…無人ロボットタクシーも (レスポンス)

コンチネンタル、最新自動運転技術を発表…無人ロボットタクシーも

コンチネンタルは、これらの課題に対応するために、自動運転技術を開発。高速道路や一般道向けには、オートパイロットを提供。毎日の通勤中にドライバーが …

世界最大級のYARNクラスタを構築するMicrosoft、自動運転技術に乗り出すNVIDIA データビジネスの … (IT Leaders)

世界最大級のYARNクラスタを構築するMicrosoft、自動運転技術に乗り出すNVIDIA データビジネスの …

かつてHadoopの対抗技術として開発されていた「Dryad」を実装したシステムで、例えばBingやSkypeといったMicrosoftが提供するサービスから得られたデータ …

ランスの完全自動運転車、イスラエルのセキュリティ導入…サイバー攻撃を防御 (レスポンス)

フランスの完全自動運転車、イスラエルのセキュリティ導入…サイバー攻撃を防御

VEDECOM TechのFrederic Mathis社長兼CEOは、「自動運転車の生産段階に移行する最初の段階で、予め自動車の設計にサイバーセキュリティ技術を計画 …

自動運転機能の搭載拡大 スバルも夏に「高速同一車線」 (産経ニュース)

自動運転機能の搭載拡大 スバルも夏に「高速同一車線」

スバルは、自動運転技術の研究開発を加速させるため、約30億円を投じて北海道にある車両試験場を改修。平成32年に、高速道路での車線変更が可能な技術 …

動運転に迫る中国の脅威、2系統深層学習と枯れた技術で安く (日経テクノロジーオンライン)

自動運転に迫る中国の脅威、2系統深層学習と枯れた技術で安く

我々は安価で成熟したセンサー技術を使い、自動運転を実現する」。百度(バイドゥ)のインテリジェントビークル部門でゼネラルマネジャーを務める顧維灝(Gu …

【技術の先端】人工知能の判断を明確化して自動運転の安全・安心を(前) (NET-IB NEWS)

技術の先端】人工知能の判断を明確化して自動運転の安全・安心を(前)

2020年の実用化を目指して研究が進む「自動車の自動運転」。さまざまな技術が用いられているなかで、とくに注目されているのが、ドライバーの代わりに自動車 …

WAYMO自動運転自動の1月登録特許

自動運転に取り組むWaymo(ウェイモ)の米国特許が300件超であることは、前回紹介した。
その中で今年1月に登録特許となった1件の中身を見てみたいので紹介する。
クラウドに集まる自動運転自動車からの情報を使い、最新情報を選び、自分の自動運転に役立てるもの。
自動運転車が普及すると、より自動運転が安全になる仕掛けで特許を取っている。
そこが自動車メーカーと違うIT企業の発想だと思った。

特許番号: US9547989 出願日: 2014/03/04

特許発効日: 2017/01/17

権利者: WAYMO LLC 出願人: GOOGLE INC

us9547989_mainfig.png

——————————————————————————————
seesaa_profile_icon動向調査の専門サイト

このサイトは、「自動運転」「家電」を中心としたヒット商品・将来商品の情報を満載。

 

研究開発(R&D)の戦略立案にお役立てください。

——————————————————————————————

スバル、高速での自動運転による追従機能強化 アイサイト向上 (ロイター)

スバル、高速での自動運転による追従機能強化 アイサイト向上

T)が「プロパイロット」という名で、高速道路の同一車線で可能な「自動運転技術」として売り出しているが、スバルは自動運転ではなく、あくまでも「運転支援機能」 …

一般道での自動運転をカメラだけのシンプル装備とAIでの実現を目指すホンダ【自動運転システム試乗】 clicccar.com(クリッカー)

一般道での自動運転をカメラだけのシンプル装備とAIでの実現を目指すホンダ【自動運転システム試乗】

clicccar.com(クリッカー)
… 道自動運転システム」の試乗に続いて、「AIを搭載した一般道の自動運転技術」を … 実験車はアコードをベースにしたモデルで、自動運転に使われるセンサーは …

waymo特許、300件超に!

Googleの子会社Waymo(ウェイモ)は自動運転自動車を手がけている。
その米国特許を調べてみたら、300件を超えた。
2010年から出願が始まっていて、開発時期が2010年だったようだ。
AI技術が盛り上がる時期と同期する。
そのAI技術は、自動車適用が一番進んでいるように思う。
自動運転という人の操作と連携する自動運転は、難しい。
ぶつかる相手が人の操作なので、予測ができない体。
工場のアームロボットは、そこに人がいないので、予測不能な事象は起きにくい。
なので、AI技術を進化させるのが、自動運転自動車と思う。
その技術がこの300件超のWaymo特許に現れているのではと思う。
別途、特許の中身を見ていこうと思う。
——————————————————————————————
seesaa_profile_icon動向調査の専門サイト

このサイトは、「自動運転」「家電」を中心としたヒット商品・将来商品の情報を満載。

 

・「ニュース」のリンク集。

・プチ分析の「本ブログ」の一覧。

 など

研究開発(R&D)の戦略立案にお役立てください。

 

——————————————————————————————

東京五輪に向け「自動走行タクシー」実用化目指す (NHK)

東京五輪に向け「自動走行タクシー」実用化目指す

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、東京のタクシー会社と自動運転技術を開発しているベンチャー企業が共同で、無人で自動走行するタクシー …

GM、自動運転実験車の新モデル公開 路上データ収集を拡大 (日本経済新聞)

GM、自動運転実験車の新モデル公開 路上データ収集を拡大

技術開発を加速させるため、実験車を増やして実際の路上データ収集を拡大する。 … GMは自動運転のリーダーとなり雇用を生み出す」と述べたが、実験車の今後の具体的な … 自動運転の開発加速には路上データの収集拡大が欠かせない要素だ。

動運転用3次元地図作成のため、ダイナミックマップ基盤が事業会社に (Car Watch)

自動運転用3次元地図作成のため、ダイナミックマップ基盤が事業会社に

自動運転用3次元地図作成のため、ダイナミックマップ基盤が事業会社に … 自動運転や安全運転支援システムなどに利用される高精度3次元地図の作成に向け、 … リアルタイム情報を車両が走行するレーンごとの情報として紐付けする技術が重要で …

ソルクシーズ、自動運転AI技術開発等のアックスを買収 (M&Aタイムス)

ソルクシーズ、自動運転AI技術開発等のアックスを買収

東証1部上場でSBI社【8473】の持分法適用のSI会社であるソルクシーズ【4284】は、IoT向けソリューション事業のイーフローが保有するアックスの株式を譲受 …

アップルCEO、自動運転技術開発に注力と表明=通信社 (ロイター)

グーグルの自動車会社の方向性が消える

自動運転車の仕掛け人は、グーグルだった。一時は、自動車会社になるのかという記事もあった。

2017/6/13の日経WEBの記事は、その方向性が消えたことを示すもの。

グーグル系、自社設計の自動運転車試験打ち切り

【シリコンバレー=小川義也】米グーグルの自動運転車開発部門が独立した … ウェイモは「量産車に集中することで、完全な自動運転技術をより多くの人々に、より …

今後は、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の自動運転車を試験に使い、公道試験を拡大するという。

グーグルは、ホンダとも組んでいて、独自の自動車会社というよりは、既存の自動車会社と組んで、自動車に搭載する自動運転技術を組み込もうとしている。

——————————————————————————————
seesaa_profile_icon動向調査の専門サイト

このサイトは、「自動運転」「家電」を中心としたヒット商品・将来商品の情報を満載。

 

・「ニュース」のリンク集。

・プチ分析の「本ブログ」の一覧。

 など

研究開発(R&D)の戦略立案にお役立てください。

——————————————————————————————

無人運転の公道実験を認める

無人運転を警察庁が認めた!

「遠隔型自動運転システムの公道実証実験に係る道路使用許可の申請に

対する取扱いの基準」の策定について(通達)
http://www.npa.go.jp/laws/notification/koutuu/kouki/290601koukih92.pdf
遠隔操作者が責任を負うとあり、ロボットのセイにはしないようだ。
2017年6月1日のことである。
2020年のオリンピックに無人運転が実用化を目指すための施策だ。
——————————————————————————————
seesaa_profile_icon動向調査の専門サイト

このサイトは、「自動運転」「家電」を中心としたヒット商品・将来商品の情報を満載。

 

・「ニュース」のリンク集。

・プチ分析の「本ブログ」の一覧。

 など

研究開発(R&D)の戦略立案にお役立てください。

——————————————————————————————

車載半導体3社、自動運転の進展で競争激化

NVIDIAをトヨタが採用し、一方、インテルがGPU,ディープラーニングを組み込める開発環境を提供していることは、これまで紹介してきた。
もう1社がクアルコムだそうだ。データ処理と通信、エンジン制御向けなど幅広い製品がある。
半導体業界の稼ぎは、スマホなどがメインであるが、車載が今後伸びるとある。
車載半導体、米3社台頭

車載半導体の市場で主導権を握るプレーヤーが大きく変わろうとしている。自動運転技術の進展により、主戦場がエンジンを制御するマイコンなどから、車の周辺 …
——————————————————————————————
seesaa_profile_icon動向調査の専門サイト

このサイトは、「自動運転」「家電」を中心としたヒット商品・将来商品の情報を満載。

 

・「ニュース」のリンク集。

・プチ分析の「本ブログ」の一覧。

 など

研究開発(R&D)の戦略立案にお役立てください。

——————————————————————————————

インテルの自動車向け特許出願

インテルの自動運転自動車向けの特許出願動向を調べたので紹介する。
前回ブログでは、自動運転向けのCPUを含む開発環境の製品を紹介した。
ここでは、特許出願を米国特許のマクロ分析を時系列マップで示す。
intel車特許.png
2010年からの出願数が急増している。ディープラーニングなど人工知能が流行り始めた時期に同期する。
勿論、自動運転の話題とも同期する。
インテルが自動車業界をターゲットに開発を進めていることが明らかになった。
——————————————————————————————
seesaa_profile_icon動向調査の専門サイト

このサイトは、「自動運転」「家電」を中心としたヒット商品・将来商品の情報を満載。

・「ニュース」のリンク集。

・プチ分析の「本ブログ」の一覧。

 など

研究開発(R&D)の戦略立案にお役立てください。

——————————————————————————————

インテルの自動運転技術

強みのあるCPUFPGA、ディープラーニング用のハードウェア・アクセラレーション・テクノロジーなどアーキテクチャーを使って、自動車会社の好きに開発できるもの。
「インテル入ってる」の自動車バージョンだ。
  1. 自動車からクラウドまでを網羅した自動運転向けソリューション
  2. 自動運転向け開発プラットフォーム
  3. 直列コンピューティングと並列コンピューティングの理想的なバランス
  4. 驚異的な拡張性を備えた開発プラットフォーム
  5. 自動車向けソフトウェア開発キット(SDK)
  6. 自動車向け 5G プラットフォーム
  7. インテルのデータセンター向けテクノロジー
「広告」
seesaa_profile_icon動向調査の専門サイト

このサイトは、「自動運転」「家電」を中心としたヒット商品・将来商品の情報を満載。

 

・「ニュース」のリンク集。

・プチ分析の「本ブログ」の一覧。

 など

研究開発(R&D)の戦略立案にお役立てください。

自動運転の認知・判断を支えるセンシング技術とは何か (マイナビニュース)

清水和夫の自動運転ソシオロジー 第4回 自動運転の認知・判断を支えるセンシング技術とは何か

人はどのようにクルマを運転するのか。もしコンピューターに運転させるなら、一体どんなシステムを設計すべきなのか。自動運転システムを開発するエンジニア達 …

日産 エクストレイル 改良新型、欧州で発表…部分自動運転「プロパイロット」設定 (レスポンス)

日産 エクストレイル 改良新型、欧州で発表…部分自動運転「プロパイロット」設定

欧州向け改良新型エクストレイルの大きな特徴が、部分自動運転技術の「プロパイロット」の設定。プロパイロットは、高速道路の同一車線で使える自動運転技術

自動運転技術は人と物の配送をより安全にする=Google発企業「Waymo」が自動運転トラックのテスト … (Sputnik 日本)

自動運転技術は人と物の配送をより安全にする=Google発企業「Waymo」が自動運転トラックのテスト …

Waymoの報道担当は、「自動運転技術により、人や貨物を今より格段に安全に運べる他、トラック事故により起きている年間数千件の死亡件数を減らすことが …

自動運転レベル4へのトヨタの研究投資

4つの研究に38億円投資。
1、さまざまな衝突形態に対応するためのセンサーの高度化
2、より使いやすく、より人間の感覚に合った車とするための自動運転技術など、先進技術
3、ドライバーの心理状態や健康状態を具体的な数値で把握する
4、より現実の交通環境に即した運転データを研究できるビッグデータ解析アルゴリズム
【関連記事】
トヨタ自動車は、北米の先進安全技術研究センター(CSRC)における2017~2021年の研究計画「CSRCネクスト」の内容を発表した。5年間で3500万米ドル(約38億円)を投資し、新時代のモビリティに安全に移行するための研究を進める。 [朴尚洙,MONOist] …
トヨタ、自動運転やつながるクルマの研究に約38億5千万円投資 エキサイトニュース – ‎2017年6月1日‎
トヨタは、交通事故死傷者の低減を目指し、北米の大学や病院、研究機関等と共同研究を行う「先進安全技術研究センター(CSRC)」について、2011年の設立当初から5年間行ってきた自動車の安全に関する研究成果と共に、次の5年間の研究計画を発表した。「CSRC ネクスト」 …
トヨタ、米で5年・38億円投資 自動運転など研究 日本経済新聞 – ‎2017年6月1日‎
トヨタ自動車は5月31日、米国ミシガン州の研究開発拠点にある先進安全技術研究センターでの研究に今後5年で3500万ドル(約38億円)を投じると発表した。北米の大学や病院などと連携し、自動運転やコネクテッドカー(つながる車)関連の研究を進め、安全技術の向上に …
トヨタ自動車は5月31日、米国の先進安全技術研究センターにおいて、自動運転やコネクテッドカー技術についての新たな研究、「CSRC ネクスト」を行うと発表した。 トヨタは2021年までの5年間に、先進安全技術研究センターにおける研究に対して、およそ3500万ドルを投資。