配車サービスUBERが東京で使えるって知ってましたか?

自動運転でトヨタやGoogleと提携しているUBERという企業があります。
あなたは、知っていましたか?
Wikipediaによれば、
Uberは2009年3月に設立。2015年の予約売上は108億4000万ドル(約1兆3000億円)と推定されている。
とある巨大企業。
このUberが展開する配車サービスは、東京でも使えることを、今回、知りましたので、紹介します。
https://www.uber.com/ja/cities/tokyo/
見てください。
港区、渋谷区、千代田区、あたりで使えるようで、例えば、銀座から品川駅で、4000円くらいみたいです。
ハイヤーをスマホで呼べ、料金が明瞭会計なことがメリットのようです。
海外でも使え、ぼられる心配がない、サービスというのが良さそうです。
これが、無人カーになれば、もっと安く利用できることになり、都内の移動にビジネスマンが使う時代が来そうです。

3つのイノベーションが合体した「Olli」時代がやってくる

3つのイノベーションとは、3Dプリントカーと、自動運転カーと、車掌がロボットの3つ。
車掌のロボットは、喋るWatson(人工知能)だそうだ。
詳しくは、以下記事を見てみてほしい。
すでにワシントンD.C.のショッピングエリアを走行しているという。
Olliを開発したのは、米国のLocal Motors。
http://news.militaryblog.jp/e592613.html
複雑なクルマがこのように製造されるとは、驚きです。組み立てるのではいのですね。