自動車メーカーの方へ

  • アライアンスを検討するには、相手のことを十分知って行いたいものです。その前に複数の選択肢を考えたいものです。「企業動向」 メニュー を見てください。 企業名をクリックすると、指定した企業名の技術開発の動向が把握できます。
  • 競合の動きが知りたければ、 「企業動向」 メニューを見てください。 指定した 競合名の技術開発の動向が把握できます。
  • パートナーを探したければ、 「企業動向」 メニューを見てください。 指定した スタートアップ企業、IT企業の保有技術を把握できます。
  • 「技術」の 動向が知りたければ、「技術動向」 メニューを見てください。指定した 「技術名」の動向が把握できます。

【補足】アライアンス相手の選び方

アライアンス相手は、自社にない技術を保有し、補完関係になる技術を保有していることが重要になります。LiDARセンサを自社開発できたとしても、他社技術を使うと、優れた機能、優れた商品を早く商品化できます。つまり、アライアンスは、上手く行えば、より早くより良い商品を生み出す力になり、売上利益を産む方法です。

当社技術を補完するのは、B社!

自動車メーカーの パートナーを目指している方々へ

  • 自動車メーカーの保有技術が把握できます。もし、技術等を自動車メーカーに売り込みたければ、事前に把握しておく必要があります。それが分かれば、どのような技術ならば、買ってもらえるか、パートナーになれるかが確認できます。開発しようとする技術が売り込む見込みがあるかどうかを検討できます。
  • 同業他社(競合)の技術を把握できます。 競合となる自動車部品のサプライヤー、IT企業、スタートアップ企業の保有技術を把握し、仮に、御社より優れた技術を開発していることが把握できれば、御社戦略の見直しなど検討できるようになり、無駄な開発を減らすことができます。

開発者の方へ

例えば、同業他社(競合)の技術開発戦略を知るのに活用できます。

競合の保有する技術を把握して、お客様の技術開発戦略を検討してください。

同じ技術を後発で開発してても勝てません。

特許を先に取得され、お客様の開発結果は、上市できなくなります。それだけでなく、顧客にとっても後追い製品には、魅力が落ちます。競合の技術開発内容を把握して、いち早く製品化することが重要です。

勿論、お客様は、独自で調査をしていると思いますが、特許調査にしても、初めて行う際は、特許読み込み量が膨大になって、開発者の負担が大きくなります。また、初めての技術分野は、特許が読みにくいものです。まずは、このサイトを利用し、概略を把握すには、適していると思います。日々、この領域の特許を読んでいるスタッフがいて、慣れている技術スタッフが整理してまとめていますので、客様の負担は軽減できます。概略把握には活用できます。

つまり、特許情報を使って、競合の技術ごとをより粒度を細かく分類して技術の評価を行うことで、御社の技術と比較できるようにします。

調査方法は、IPC、などの特許分類で比較するパテントマップ分析はしません。技術開発者にとって意味のある結果が得られないからです。

独自の調査方法で、行います。基本、商品カテゴリー別に技術を分析できるようにします。特許情報を使いますが、特許権にフォーカスした考察は、この段階では行いません。分かりにくいからです。

特許権(抵触防止)調査における本サイト情報の利用は、十分ではありませんので、おやめ下さい。調査会社に調査を依頼する際のサンプル特許程度に扱ってください。

技術動向・企業動向・特許動向の定義(意味)について説明する。

技術動向とは

自動運転車に関わる技術・機能について、特に、 プレスリリースされた技術動向を、注目度が高い 技術・機能 を取り上げ、その具体的な技術内容を特許情報を使い分析してまとめたもの。

企業動向とは

自動運転車に関わる技術・機能をプレスリリースした企業(大学なども含む)について、ニュースなどで注目度が高い 技術・機能 を取り上げ、その企業の具体的な 技術開発内容 を特許情報を使い分析し、 アライアンスなどの取り組みについて、 プレスリリース、等のネットで取得できる情報で分析してまとめたもの。

特許動向とは

自動運転車に関わるプレスリリースする技術・機能の「課題」「実現手段」を特許情報で分析し、「開発時期」や「技術開発の活性度」を時系列のパテントマップで分析し、まとめたもの。なお、特許権について、基本、分析をしていない。
発見した基本特許情報に限りお知らせすることがある。