• 技術・提携・特許のニュース集・動向なら
4つの研究に38億円投資。
1、さまざまな衝突形態に対応するためのセンサーの高度化
2、より使いやすく、より人間の感覚に合った車とするための自動運転技術など、先進技術
3、ドライバーの心理状態や健康状態を具体的な数値で把握する
4、より現実の交通環境に即した運転データを研究できるビッグデータ解析アルゴリズム
【関連記事】
トヨタ自動車は、北米の先進安全技術研究センター(CSRC)における2017~2021年の研究計画「CSRCネクスト」の内容を発表した。5年間で3500万米ドル(約38億円)を投資し、新時代のモビリティに安全に移行するための研究を進める。 [朴尚洙,MONOist] …
トヨタ、自動運転やつながるクルマの研究に約38億5千万円投資 エキサイトニュース – ‎2017年6月1日‎
トヨタは、交通事故死傷者の低減を目指し、北米の大学や病院、研究機関等と共同研究を行う「先進安全技術研究センター(CSRC)」について、2011年の設立当初から5年間行ってきた自動車の安全に関する研究成果と共に、次の5年間の研究計画を発表した。「CSRC ネクスト」 …
トヨタ、米で5年・38億円投資 自動運転など研究 日本経済新聞 – ‎2017年6月1日‎
トヨタ自動車は5月31日、米国ミシガン州の研究開発拠点にある先進安全技術研究センターでの研究に今後5年で3500万ドル(約38億円)を投じると発表した。北米の大学や病院などと連携し、自動運転やコネクテッドカー(つながる車)関連の研究を進め、安全技術の向上に …
トヨタ自動車は5月31日、米国の先進安全技術研究センターにおいて、自動運転やコネクテッドカー技術についての新たな研究、「CSRC ネクスト」を行うと発表した。 トヨタは2021年までの5年間に、先進安全技術研究センターにおける研究に対して、およそ3500万ドルを投資。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です