• 技術・提携・特許のニュース集・動向なら

ダイキンのコアンダ技術の特許を調べてみたら、
出願からすでに20年を過ぎた権利満了(寿命)に至った古い権利でした。
勿論、コアンダ技術をベースに新たな工夫がなされ、最近の出願があるようですが、次回、紹介します。
特公平7-43164
【公告日】1995年5月15日
【発明の名称】空気調和装置
(21)【出願番号】特願平1-90976
(22)【出願日】平成1年(1989)4月11日
(71)【出願人】ダイキン工業株式会社

——————————————————————————–

【特許請求の範囲】
【請求項1】ケーシング(1)下面の両側部に第1吹出口(2)と第2吹出口(3)とがそれぞれ

設けられ、ケーシング(1)内における上記第1吹出口(2)の内端面側上方に熱交換器(11)が
配設されているとともに、該熱交換器(11)の上流側にシロッコファン(12)が配設され、上記熱
交換器(11)の下流面(11a)から上記第1吹出口(2)へ至る第1空気通路(24)と、該第1空気
通路(24)から分岐して上記第2吹出口(3)へ至る第2空気通路(31)とがそれぞれ設けられて
おり、上記第1空気通路(24)の分岐部(41)の壁面(22)に、上記シロッコファン(12)により
熱交換器(11)を介して噴出された空調空気を第1空気通路(24)側および第2空気通路(31)側
にそれぞれ分流させる突起部(42)が設けられた空気調和装置において、上記突起部(42)と対向
する第2空気通路(31)の内側面(32)には、コアンダ効果により空調空気を第2空気通路(31)
へ吸引せしめる半径(r)の湾曲部(43)が設けられていることを特徴とする空気調和装置。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です