• 技術・提携・特許のニュース集・動向なら

昨日紹介した、キャミアップの特許を調べました。
以下に紹介する出願は、手書き文章を電子文書にするシステムです。
ホームページで紹介された4隅のマーカについての記載はないようです。公知(当たり前)だからでしょう!
【発明の名称】文書作成システム、文書作成用冊子、文書作成方法
【出願番号】特願2002-305999
【出願日】平成14年10月21日
【出願人】コクヨ株式会社

(57)【要約】
【課題】所定の図柄に手書き内容を挿入した文書を電子データ化した電子文書を簡単に作成するための文書作成システム、文書作成用冊子、文書作成方法を提供する。
【解決手段】複数種類の台紙11と、手書き領域12aを備えこの手書き領域12aを台紙11と重ね合わせた際に前記図柄を視認可能に透過する透明乃至半透明なものとするとともに、当該手書き領域12a内における位置情報を備えて構成した台紙11とは別体の書込用シート12とを備えて構成した文書作成用冊子A1と、前記手書き領域12aに書き込んだ内容を位置情報とともに読み取りその読み取った手書き内容と位置情報とによって電子データに変換した手書き内容データを生成しその生成された手書き内容データを送信する電子ペンA2と、選択入力を受け付けて、送信された手書き内容データを受信し前記台紙11に印刷してある図柄を示す画像データである図柄データを送信された手書き内容データを格納してある図柄データとともに出力する情報処理装置A3とによって、電子文書を作成するようにする。

——————————————————————————–

【特許請求の範囲】
【請求項1】
手書き領域を有する文書作成用冊子と、前記手書き領域に手書きするための筆記具と、この筆記具によって手書きされた内容を受け付けて表示する等の制御を行う情報処理装置とを備えて前記手書き領域に手書きされた内容に基づいた電子文書を作成するための文書作成システムであって、
前記文書作成用冊子は、絵、記号、罫線などの図柄を印刷した一種類又は複数種類の台紙と、前記手書き領域を有しこの手書き領域を前記台紙と重ね合わせた場合に前記図柄を視認可能に透過する透明乃至半透明なものとするとともに、当該手書き領域内における位置情報を備えて構成した台紙とは別体である1又は複数の書込用シートとを具備し、
前記筆記具は、前記手書き領域に書き込んだ内容を位置情報とともに読み取る読取部と、この読取部で読み取った手書き内容の位置情報によって電子データに変換した手書き内容データを生成する手書き内容データ生成部と、この手書き内容データ生成部で生成された手書き内容データを、直接的に或いは間接的に前記情報処理装置に送信する送信部とを具備し、
前記情報処理装置は、前記送信部より送信された手書き内容データを受信する受信部と、前記台紙に印刷してある図柄を示す画像データである図柄データを格納している図柄データ格納部と、前記送信部で送信された手書き内容データを前記図柄データ格納部に格納してある図柄データとともに出力する出力部とを備えていることを特徴とする文書作成システム。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です