• 技術・提携・特許のニュース集・動向なら

さくら色光の特許出願を調べてみました。
これかなーというのが以下です。
これならば黄色蛍光体を使っていて、赤、青、緑のLEDと組み合わせて発光させることによって、高演色性および良好な混色性を得ることができるとともに、色度の調整が容易で、所望の色度での発光を容易に実現する。
【発明の名称】発光装置および照明装置
(21)【出願番号】特願2010-164169(P2010-164169)
(22)【出願日】平成22年7月21日(2010.7.21)
(71)【出願人】シャープ株式会社

——————————————————————————–

(57)【要約】
【課題】集積度を上げることが可能な構成において、高演色性および良好な混色性を得ることができるとともに、色度の調整が容易で、所望の色度での発光を容易に実現する。
【解決手段】発光素子を用いた発光装置100であって、基板101と、基板101上に環状に設けられた樹脂性枠105と、樹脂性枠105で囲まれた部分を2つの区域に仕切るように基板101上に設けられた樹脂性隔壁106と、各区域にそれぞれ形成された少なくとも1つの発光素子を含む発光部(第1の発光部:青色LED+赤色蛍光体、第2の発光部:青色LED+黄色蛍光体)と、各発光部に電源をそれぞれ供給するための第1アノード電極109、第2アノード電極110およびカソード電極111とを備え、各発光部は互いに異なる色を少なくとも1色発光し、第1アノード電極109は第1の発光部に電気的に接続され、第2アノード電極110は第2の発光部に電気的に接続されている。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください