• 技術・提携・特許のニュース集・動向なら

電動歯ブラシの原理を調べてみました。
http://kaden.watch.impress.co.jp/cda/word/2009/03/27/3697.html
現在市販されている電動歯ブラシには、「音波式」かそうでないかの2種類あります。

 電源に乾電池を使うような、低価格の電動歯ブラシ――“非音波式”では、ヘッドの振動数は1分間で2千~1万回程度となっています。
一方の「音波式」では、1分間の振動数が約2万~4万回と、高速で振動する点が特徴です。
音波という名前は、振動数が「音波」と呼ばれる領域(20~20,000ヘルツ)に入ることから呼ばれています。 (ヘルツは1秒間の振動数を表わす単位[Hz]。1秒間に10回振動した場合は10ヘルツ)

 音波式歯ブラシは、ブラシの首の部分がモーターで左右に細かく振動することで、口の中に泡や水流が発生します。その泡や水流が歯垢除去を助ける役目を果たそ、ブラシの届きにくい歯の間などの歯垢除去能力が高める効果があります。運転中は、手に振動が伝わりますが、普通の歯ブラシのように腕を振らずに、歯にブラシを当てて位置を変えていくだけで歯が磨けるため、簡単に、しかもキレイにブラッシングできるというメリットがあります。

 実際の製品で見てみると、パナソニックの「ドルツ」やフィリップスの「ソニッケアー」では、1分間あたりのブラシの振動数が約31,000回(約260ヘルツ)となっており、音波歯ブラシに該当します。ブラシが左右に反転する“回転式”のブラウン「オーラルB」では音波式を名乗っていませんが、1分間に縦に約4万回振動していることから、音波式の部類に入ることになります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です