• 技術・提携・特許のニュース集・動向なら

新型(3代目)プリウスの技術を調べていたら、ソーラーベンチレーションシステムというものがあるそうです。
http://ecocar.autoc-one.jp/word/323073/

青字が構成を示し、オレンジ色が効果で示しますと、
3代目プリウスで新たに設定された装備として注目を集めているもののひとつに、トヨタ初の「ソーラーベンチレーションシステム」が挙げられる。

これは、ルーフに配したソーラーパネルで発電しその電力により車内の換気を行うもので炎天下での駐車中に作動させることによって、車内の気温の上昇を抑えることがはたらきをする。

そこで、ソーラーベンチレーションシステム特許を調べてみたところ、5件ほど対象特許を発見しましたので、紹介します。
登録特許にはまだなっていないようですが、広い権利を狙ったものです。
  公報番号          発明の名称                        出願人
1 特開2010-163095 車両の制御装置                    トヨタ自動車株式会社
2 特開2009-190555 車両用換気装置                    トヨタ自動車株式会社
3 特開2009-006816 車両の換気制御方法及び車両用換気装置    トヨタ自動車株式会社
4 特開2007-326444 車両用発電制御装置                 トヨタ自動車株式会社
5 特開2007-307957 車両用空調制御装置                 トヨタ自動車株式会社

【公開番号】特開2007-307957(P2007-307957A)
【公開日】平成19年11月29日(2007.11.29)
【発明の名称】車両用空調制御装置
【出願番号】特願2006-136773(P2006-136773)
【出願日】平成18年5月16日(2006.5.16)
【出願人】トヨタ自動車株式会社

【要約】
【課題】太陽電池によって発電される電力を効率的に利用してプレ空調、駐車換気などの車両停止中の車内空調を可能とする。
【解決手段】太陽電池による発電がなされていると、バッテリの充電量Cが設定値α1に満たないときや、充電量に余裕がなく発電電力が必要最少電力量に達していないときには、充電モードを選択して、発電電力をバッテリへ供給して充電を行なう(ステップ100~112)。また、充電量が設定値を超え、発電電力が必要最少電力量より大きければ、発電電力をエアコンへ供給し、また、充電量Cに余裕があれば、バッテリの電力をエアコンへ供給可能として、換気モードによる駐車換気が行われるようにする(ステップ114~ステップ120)。さらに、発電電力に余裕が生じると、発電電力を用いたバッテリの充電を行なう(ステップ122~126)。


 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です