• 技術・提携・特許のニュース集・動向なら

東芝の裸眼3D対応テレビが採用している
マイクロレンズによるレンチキラー方式について特許分析をするが、
ここでは、調査した出願件数推移を見ていただきたい。
グラフ1が調査で抽出したレンチキラー方式全体の件数推移。
グラフ2がその中の件数上位3社の推移。
グラフ1によれば、2003年から増加傾向が始まった。レンチキラー方式を採用し多く企業が開発している動向がうかがえる。
グラフ2によれば、東芝、ソニー、富士フィルムの順で、東芝が2004年から増加し始めたのに対し、ソニー、富士は、2008年から。つまり、東芝が3年程度先行していた。
その結果として、「世界初」を謳える状況をつくりえたものと思われる。
グラフ1
レンチ1.jpg
グラフ2
レンチ2.jpg


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください